千葉でおすすめのお土産&スイーツとは?

  • 957 |

千葉へ旅行に行き、観光やレジャーを楽しむのは当たり前ですが、帰路の最後にお土産を選んで買って帰るのも楽しみの一つです。しかし、お土産といっても何種類もある中で、何を選ぶと喜ばれるかわからないということが悩みの一つです。そこで、今回は各シーンに合わせた千葉のおすすめのお土産を紹介します。

こば屋の「轟太鼓」

轟太鼓は、千葉県にある老舗和菓子店のこば屋本店が販売している落花生を使ったお菓子です。落花生は千葉県の名産品であり、千葉県は落花生の生産量が日本一で日本の生産量の74.6%を超えています。轟太鼓は、千葉県産の落花生とあられを混ぜあわせ、職人が手造りで一枚一枚焼き上げます。サクッとした軽い食感とオリジナルのタレの味以外に緑茶味やゴマ味、揚めんを入れたものなど様々な味を楽しむことができます。地元の食を活かした轟太鼓は、千葉県のお土産にピッタリです。

大多喜にある十万石最中

最中十万石は、千葉県の大多喜町にある和菓子屋の津知家で販売されている和菓子です。最中十万石は、かつて戦国時代から江戸時代にかけて存在した大多喜城にて、江戸時代に徳川家康の配下である本多忠勝が城主となった際に、大多喜藩が十万石であったことから来ています。北海道産のあ月を使用したつぶあんと、厳選した国産米を原料に丁寧に焼き上げた最中は、地元民にも人気の一品です。少し高級なお菓子ですが、大事な人に渡すには持ってこいのお土産です。

湖月堂の 柚子だより

柚子だよりは、千葉県東金市にある和菓子屋である湖月堂が販売する飲料です。新鮮な柚子を主成分に作っており、4,5倍に薄めて飲むことができます。ビタミンCたっぷりで、柑橘系のスッキリした味わいを楽しむことができる他、かき氷やお酒の割物、魚や肉料理などにお好みでつけても美味しいのが特徴です。家に持ち帰って楽しむのにおすすめのお土産です。

ページTOPへ

「千葉」周辺の関連記事

このページのTOPへ