東京でおすすめのお土産&スイーツとは?

  • 776 |

東京へ旅行に行き、観光やレジャーを楽しむのは当たり前ですが、帰路の最後にお土産を選んで買って帰るのも楽しみの一つです。しかし、お土産といっても何種類もある中で、何を選ぶと喜ばれるかわからないということが悩みの一つです。そこで、今回は各シーンに合わせた東京のおすすめのお土産を紹介します。

かずやの煉

かずやの煉は、東京の千代田区に店を構える和菓子店のかずやが販売している和菓子です。かずやの煉は選びぬかれた八女星野村の高級八女抹茶をふんだんに使った練り菓子で、長時間丁寧に練り上げたことにより、洋菓子のような舌触りと八女抹茶の風味が口いっぱいに広がり、上品な味を楽しむことができます。非常に繊細なお菓子のため、商品郵送ができないため、東京の店舗で購入しないとたべることができない一品です。

切腹最中

切腹最中は、東京都の新橋に拠点をかまえる新生堂が販売するお菓子です。切腹最中は、元禄14年におきた後の忠臣蔵へ発展する松の廊下で刀傷事件にて、矢継ぎ早に切腹の判定がなされたこの事件を多くの人に語り継ぐために作った和菓子です。結晶の大きな純度の高い砂糖を使用した小豆餡がこぼれるぐらい挟まれた最中は、さっぱり甘みを味わうことができます。

レーズン・ウィッチ

元祖レーズン・ウィッチは、東京都の新橋と目黒に拠点を持つ和菓子屋の巴里小川軒が販売している洋菓子です。レーズン・ウィッチは、洋酒に漬け込んだレーズンを特性のクリームに絡めて、クッキー生地で挟んだサンドで、30年以上愛されています。巴里小川軒では、カルフォルニアの農家にレーズン・ウィッチに合う味のレーズンを作ってもらう程、一つひとつのお菓子に対してこだわり作っています。長年愛されているレーズン・ウィッチは、東京のお土産にピッタリのお菓子です。

ページTOPへ

「東京」周辺の関連記事

このページのTOPへ