神奈川でおすすめのお土産8選

  • 1200 |

神奈川へ旅行に行き、観光やレジャーを楽しむのは当たり前ですが、帰路の最後にお土産を選んで買って帰るのも楽しみの一つです。しかし、お土産といっても何種類もある中で、何を選ぶと喜ばれるかわからないということが悩みの一つです。そこで、ここでは神奈川のおすすめのお土産をご紹介します。

崎陽軒「シウマイ」

崎陽軒のシウマイは、昭和3年から横浜を拠点とする崎陽軒から販売している焼売のことです。崎陽軒のシウマイは、焼売と書かないことが特徴で、豚肉と帆立の貝柱の風味が引き立ち、冷めても美味しい点が魅力です。昭和3年以来変わらぬレシピを使ったこだわりを見せており、横浜現地で食べるも良し、お弁当としてお昼や夕飯にするのも良し、買って帰って家で食べるのも良しの逸品です。神奈川でお土産に悩んだら、崎陽軒のシウマイがおすすめです。

霧笛楼「横浜煉瓦」

http://alluref.exblog.jp/

横濱煉瓦は、神奈川県にある老舗お菓子メーカーの株式会社鈴音が販売しているお菓子です。大正3年に創業され今まで続いている歴史ある店舗である鈴音にて販売されている「横濱煉瓦」は、横浜元町発祥のレンガに見立てたチョコレートケーキで、焼きたてのチョコレートケーキにミルクソースを染みこませること、またチョコレートから香るリンゴとブランデーの匂いがおいしさを引き立てます。上品な味わいの横濱煉瓦なら、会社の上司へのお土産や女性へのお土産でも安心のひと品です。

美濃屋あられ製造本舗「おかき」

http://item.rakuten.co.jp/

美濃屋のあられは、横浜を拠点にするお菓子メーカーで、横濱の歴史をあられで表現しているのが特徴です。横浜発祥のスパゲッティナポリタンを再現したナポリタン味のあられや、ビール発祥でもある横浜を表現した横濱ビア柿味など、他のエリアでは食べることのできない、一風かわったおかきを食べることができます。友達との話題づくりになるお土産を買って帰るなら、美濃屋のあられがおすすめです。

モンテローザ(三陽物産)「横浜三塔物語」

http://blog.goo.ne.jp/

旬のものを使ったお菓子やアニバーサリーケーキなどが有名なモンテローザ(三陽物産)。食材から製造、出荷構成までこだわりを持ってつくられています。手元に渡るときにも味が落ちることなく新鮮な味のまま楽しめるのが魅力。その中でもオススメは「横浜三塔物語」です。しっとりとした上質な甘さが特徴で、味はチョコレートチップ・アールグレイナッツ・オレンジの3種類があります。

華正樓「肉まん」

http://blog.livedoor.jp/

創業昭和14年の華正樓(かせいろう)は、料理人の腕と、こだわりの厳選素材が魅力の本格的中華料理の名店です。もっちりとした皮の中に、濃いめの醤油味の肉餡がぎっしり詰まった肉まんは、ずっしりとしていて食べ応えも十分。かぶりついた瞬間、肉餡のジューシーさが口いっぱいに広がります。

萬珍樓「伍仁大月餅」

http://ure.pia.co.jp/

中国の代表的なお菓子「伍仁大月餅」は、うんにゃんだいげっぺいと読みます。こちらは、白胡麻、ココナッツ、ピーナッツ、松の実、アーモンド、クルミ、オレンジの皮、スイカ種などが入った、風味の香ばしいお菓子です。好みの大きさに切り分けて食べる「伍仁大月餅」は、冷やして食べるのもオススメ。

横浜かをり「ヴィーナスの誕生」

http://www.yokohamagoods001.org/

まるで宝石のような可愛いお菓子、横浜かをりの「ヴィーナスの誕生」。こちらは、天然素材で作られた色とりどりのゼリーです。味の種類はゆず、ピーチ、ブルーキュラソー、オレンジ、ペパーミント、アップル、紫いも、グレープの8種類。パッケージもオシャレでお土産にぴったりです。

重慶飯店「番餅(ばんぴん)」

http://blogs.yahoo.co.jp/

老舗四川料理店の「重慶飯店」のお土産ナンバー1といったら「番餅(ばんぴん)」です。しっとりとした生地に甘さ控えめな黒餡と、表面のローストしたクルミが絶妙にマッチした逸品。香港のデザイナー・アランチャンがデザインした赤と白のスタイリッシュなパッケージが特徴です。常温60日と、日持ちするのも魅力的。

ページTOPへ

「神奈川」周辺の関連記事

このページのTOPへ