山梨に行くなら食べて帰りたい絶品グルメ

  • 2148 |

山梨へ旅行に行き、観光やレジャーを楽しむのは当たり前ですが、旅行期間中に何を食べるかも旅をおもしろくする重要な要素です。しかし、その地域でどんな料理が有名か以外にわからないことが多いのも事実です。そこで、今回は各シーンに合わせた山梨のおすすめのグルメを紹介します。

甲府鳥もつ煮

甲府鳥もつ煮は、山梨県で食べられているB級グルメで、一般のもつ煮込みと異なり、鶏のもつを使い、砂糖と醤油で照り煮したものです。甲府鳥もつ煮は、戦後まもない時期に鳥のもつが捨てられているのを見て、何か調理ができないかと甲府市内の蕎麦屋が考案した料理で、以後甲府の蕎麦屋の定番メニューとなっています。水気が飛んで飴状になり照りがでるまで煮詰めたもつ煮は絶品です。山梨でB級グルメが食べたい人におすすめの一品です。

大月おつけだんご

大月おつけだんごは、山梨県大月市で昔から食べられている郷土料理で、大月出身の人が調理し、だんごと野菜が入った味噌味の汁物になります。町おこしのためB級グルメとしてもアピールされており、味噌味がベースですが今では、醤油味、塩味、カレー味など様々な味を提供しています。おつけだんごは、使われている材料により非常に栄養バランスが良く、もともと畑仕事に勤しんでいた農家からうまれた料理とされています。山梨県のおふくろの味を楽しみたい方にはおすすめのグルメです。

吉田うどん

吉田うどんは、山梨県富士吉田市にて食べられている郷土料理で、硬くてコシのある麺と馬肉、キャベツ、油揚げを煮干の出汁にいれて食べます。山梨ではほうとうが有名ではありますが、吉田うどんも同様、ほうとうとともに地元民に愛されている食材です。吉田うどんは一般的に冠婚葬祭の時に食べられる習慣があり汁の中に入っているものと、つけ麺のようにして食べるものと2種類があります。約5万人が住む富士吉田市には60軒以上のうどん屋があり、一杯250円から500円程度と手軽に食べられることが魅力です。また、吉田市には吉田うどんの手打ち体験ができる場所もあり、家族や友達と楽しむことができます。手軽に郷土料理を食べるならおすすめの料理です。

ページTOPへ

「山梨」周辺の関連記事

このページのTOPへ