長野でおすすめのお土産&スイーツとは?

  • 1773 |

長野へ旅行に行き、観光やレジャーを楽しむのは当たり前ですが、帰路の最後にお土産を選んで買って帰るのも楽しみの一つです。しかし、お土産といっても何種類もある中で、何を選ぶと喜ばれるかわからないということが悩みの一つです。そこで、今回は各シーンに合わせた長野のおすすめのお土産を紹介します。

竹風堂のどら焼山

どら焼き山は、長野県の松川にある老舗和菓子屋の竹風堂から販売されている和菓子で、竹風堂は1893年に創業されてから100年以上経つ歴史あるお菓子メーカーです。竹風堂のどら焼き山は、栗餡を使っており、やわらかくしっとりした皮との相性が絶妙であると人気です。どら焼き山は、和菓子好きの親戚にお土産を買って帰るならおすすめのお菓子です。

いと忠巣ごもり

巣ごもりは、長野県の飯田市に拠点を構えるお菓子メーカーである株式会社いと忠が販売するスイーツです。明治元年に創業したいと忠で最も愛されているお菓子が巣ごもりです。巣ごもりは、新鮮な卵黄で練り上げた餡と、ほどよい甘さのホワイトチョコでくるんだまるで卵のようなスイーツで、 全国菓子大博覧会の第20回菓子博で名誉金賞を受賞するなど、多くの人から評価されています。その愛らしい形と、和と洋のコラボレーションは老若男女楽しむことができます。長野のお土産でお悩みならいと忠の巣ごもりはおすすめのお菓子です。

和泉庄の名代大きんつば

名代大きんつばは、長野県にある老舗和菓子店の和泉屋が販売している和菓子です。和泉屋は、文政元年、つまり今から200年近く前に創業されている歴史ある店で、昔ながらの伝統の味を提供し続けています。その中でも代表的なのが、名代大きんつばで一子相伝の手作りの味にこだわり、つぶよりの国産小豆をふんだんに使い、丹念に作り上げられた味が人気の一品です。和菓子好きにはたまらないお菓子なので、長野県で和菓子をお土産に買って帰りたいときにはおすすめです。

ページTOPへ

「長野」周辺の関連記事

このページのTOPへ