長野に行くなら食べて帰りたい絶品グルメ

  • 1441 |

長野へ旅行に行き、観光やレジャーを楽しむのは当たり前ですが、旅行期間中に何を食べるかも旅をおもしろくする重要な要素です。しかし、その地域でどんな料理が有名か以外にわからないことが多いのも事実です。そこで、今回は各シーンに合わせた長野のおすすめのグルメを紹介します。

駒ヶ根ソースかつ丼

駒ヶ根ソースかつ丼は、長野県駒ヶ根市で生まれたB級グルメです。発祥は、駒ヶ根駅近くにある「きらく」がカツライスをヒントとして作ったと言われており、駒ヶ根市にて「駒ヶ根ソースかつ丼会」が結成され、積極的に広報しています。駒ヶ根ソースかつ丼は、ご飯の上に千切りキャベツを敷き、その上にソースをつけたカツを載せた丼で、熱々のカツとシャキシャキのキャベツ、甘辛いソースが絡み合い絶妙な味を繰り広げます。駒ヶ根市ではカツ丼というと、卵でとじられた丼ではなく、ソースかつ丼の方だと思われる程認知が広がっています。B級グルメを長野で食べたいなら、駒ヶ根ソースかつ丼がおすすめです。

信州そば

信州そばは、長野県で作られるそばで、昔ながらの郷土料理です。江戸時代のころから信州のそばは美味しいと言われている文献が多数あるほど、古くから人々を楽しませてきた料理です。長野県はその土地柄上、そばの栽培に最適で有名な蕎麦の産地が多数存在します。信州そばには長野県信州そば協同組合が存在し、約21社が協力して信州の蕎麦を発信しています。長野県の食事に困ったら鉄板のおそばを食べるのがおすすめです。

安養寺ラーメン

安養寺ラーメンは、長野県の佐久市にある安養寺で造られている安養寺みそを使ってうまれたB級グルメです。安養寺ラーメンは、安養寺味噌を80%以上使う必要があるなどのいくつかのルールもあります。このラーメンは2008年に安養寺ラーメンを開発した佐久拉麺会に加盟した6社から販売を開始し、今ではカップラーメンとしても販売されています。地元ならではのラーメンが食べたい人にはおすすめの一品です。

ページTOPへ

「長野」周辺の関連記事

このページのTOPへ