北海道北見市「北の大地の水族館・山の水族館」で世界初の「凍る水槽」を観察しよう!

  • 1897 |

 北海道北見市にある「北の大地の水族館・山の水族館」は、北海道に生息する川辺の魚たちを主に展示している水族館です。北見といえば体の芯まで凍る厳しい冬の寒さを迎える場所。その寒さを活かして、世界初の「冬に凍る水槽」が設置されています。他にも、幻の淡水魚「イトウ」の展示や滝つぼの中を泳ぐ魚の様子を見ることができる水槽など、見どころ満載。ここでは「北の大地の水族館・山の水族館」の見どころを紹介します。

www.oehonke.com

北の大地の水族館・山の水族館の魅力

水族館の最大の魅力は、コンセプトにも掲げている「日本一と世界初」があることです。

世界初!冬に凍る水槽!

北海道の河川を自然に近い形で再現した水槽「北の大地の四季」。この水槽は、北見の極寒土地を利用し、凍った川の下を泳ぐ魚たちの様子を鑑賞できる「冬に凍る水槽」です。これによって、厳しく寒い冬に、氷の下でたくましく生き抜く魚達の姿を観察することが可能になりました。

幻の淡水魚「イトウ」は日本一の展示数!

世界最大の淡水魚でもある幻の魚・イトウの展示数が日本一であることも本水族館の魅力です。飼育環境が整っていることから、最大級のイトウが約40匹生息しています。イトウはかつて、岩手県や青森県にも生息していましたが、ほとんどの地域で絶滅してしまい、今は北海道の一部でしか生息していません。平たい頭が特徴的なイトウが堂々と泳ぐ様子を、ぜひ目近で観察してみてください。

滝つぼの中を泳ぐ魚を観察できる「滝つぼ水槽」

ドーム状になっている水槽では、自然の滝つぼが再現されています。上部からたくさんの水が流れて滝が作られており、下から滝つぼを見上げるような形で魚達の様子を観察することができます。真っ青な水槽が美しく、写真撮影スポットとして人気の場所でもあります。

興味を引くオモシロ仕掛けが沢山!子供から大人まで楽しめる

他にも川魚のジャンプ水槽、世界の熱帯淡水魚、ふれあいタッチコーナーなどのブースも用意されており、観る人を飽きさせません。ふれあいタッチコーナーでは、万華鏡型の水槽に放った金魚の美しい姿を鑑賞できるコーナーや、今話題のドクターフィッシュが手の角質を食べてくれるコーナーなどがあります。
水族館を訪れる人みんなが楽しめるような仕掛けを用意して待っていますので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

北の大地の水族館・山の水族館へのアクセス

車の場合
旭川から国道39号線で約1時間50分。

電車の場合
JR留辺蘂(るべしべちょう)駅からバスに乗車。道の駅おんねゆ温泉行きで約20分。
その他旭川空港からは、約130キロ(2時間20分)、女満別空港からは約80キロ(1時間20分)となっています。

■スポット詳細
名称:山の水族館
所在地:北海道北見市留辺蘂町松山1番地4
定休日:(夏季)4月8日~4月14日・(冬季)12月26日~1月1日
営業時間:(夏季4月1日~10月31日)8:30~17:00
(冬季11月1日~3月31日)9:00~16:30
料金:大人・670円、中学生・440円、小学生・300円

ページTOPへ

「北見」周辺の関連記事

このページのTOPへ