北海道・札幌の「サンピアザ水族館」は癒し系動物満載の心のオアシス!とことん和みに出かけよう

  • 1103 |

サンピアザ水族館は北海道札幌市にあり、時計台や大通公園、テレビ塔など北海道を代表するスポットが揃う町です。電車のアクセスが便利で、札幌市内に宿泊しているのであればレンタカーを借りることなく訪問できます。
館内にいる動物たちは、ゴマフアザラシやカワウソ、イワトビペンギンに今話題のチンアナゴなどの人気者が勢ぞろい。癒し系の水族館として人気があります。 

ekitan.com

 

 サンピアザ水族館の魅力

サンピアザ水族館は2階建ての都市型水族館。展示方法が近代的でアイディア満載なのが人気の秘密です。

1階は回遊水槽がメイン!魚たちをじっくり観察しよう

1階に設置された巨大な回遊水槽はこのフロアのメインとなっており、約2,000匹にも及ぶ数の魚たちが自由奔放に回遊している姿に出会えます。土・日・祝日になるとマリンガールによる餌付けショーも行われます。エサに食いつくダイナミックな動物達を間近で鑑賞できることから、毎回大盛況のイベントとなっています。
1階にはその他、回遊水槽やタッチプール、サンゴ礁が並ぶ水槽などを巡ることができます。南国の魚と寒い海を生きる魚の違いを同時に鑑賞できるというのも大きな特徴です。

2階は癒しのパラダイス!思いっきり心を開いて動物と触れよう

2階には川と湖に生きる珍しい生物を展示するほか、癒し系動物が沢山います。
コツメカワウソのコーナーでは、アクリルパイプを使用した水槽が展示されており、可愛いカワウソたちが泳ぐ姿を見ることができます。そして名物の「カワウソふれあいタイム」はカワウソを握手ができるという、ファンにとっては涙が出るほど嬉しいイベントが開催されています。(1日3回開催)行列ができるほど大人気のイベントとなっています。その他イワトビペンギンの堂々たる姿やゴマフアザラシの愛嬌の良さも必見です。
動物好きな方には、札幌にある円山動物園とのはしごがおすすめ。ぜひ1日を満喫してくださいね。

サンピアザ水族館へのアクセス

車の場合
道央自動車道大谷地インター又は札幌南インターを降りてから約8~10分です。
隣接されている「新さっぽろアークシティ」駐車場 (平日4箇所、土・日・祝日5箇所)が利用できます。 水族館ご利用の場合、駐車券に押印で2時間まで無料なのでぜひ利用しましょう。

電車(JR)の場合
札幌駅、新千歳空港駅、どちらからも千歳線(快速エアポート)で、アクセスが可能です。新札幌駅で下車し、そこから徒歩約3分です。 

地下鉄の場合
大通駅から東西線に乗車し、新さっぽろ駅下車。3番出口からサンピアザ内を通り2階南側へ徒歩約5分です。

■スポット詳細
名称:サンピアザ水族館
所在地:北海道札幌市厚別区厚別中央2-5-7-5
定休日:年中無休
営業時間:(4月~9月)10:00~18:30、(10月~3月)10:00~18:00
料金:大人(高校生以上)・900円、子供(3歳以上中学生まで)・400円、高齢者(65歳以上)・720円
障がい者特別料金:大人・720円、子供・320円

ページTOPへ

「札幌」周辺の関連記事

このページのTOPへ