自由研究にぴったり!北海道「旭川市科学館サイパル」で楽しみながら科学を学ぼう!

  • 1526 |

「旭川市科学館サイパル」は「北国」「地球」「宇宙」の3つのコーナーをめぐり、楽しみながら科学を学べる科学館です。また、直径18mものプラネタリウムでは季節毎の星空を見ることもできます。そして、自由研究にぴったりのイベントやワークショップが随時開催されています。自然現象や宇宙の不思議について学べ、子どもから大人までワクワクできる旭川市科学館サイパルの魅力を紹介します。

facebook.com

旭川市科学館 サイパルの魅力

様々な科学を3つのコーナーで楽しく学べる

館内1階には「北国」「地球」「宇宙」、それぞれのテーマに沿った3つのコーナーが常時展示されています。北国コーナーは「北国の動物はなぜ大きいのか」「疑似なだれ装置で雪の流れを見る」など気候や雪など北国の自然現象の不思議をテーマに展示。地球コーナーは「ポンプ操作で雲を作ろう」「電磁の力でボールを回す」など地球や人体に関する不思議がテーマに展示されています。宇宙コーナーでは「月面の重力の違いを疑似体験」「地球を出発して太陽系の惑星に立ち寄る疑似宇宙旅行」などを宇宙に関するテーマを楽しめます。
1階にはドーム径18メートルをほこるプラネタリウムもあり、星空投影やデジタルドーム映像も上映。さらに54人収容できる多目的サイエンスシアターで3D・2D映像も上映しているなど、大人も子供もたっぷりと楽しむことができます。

ワークショップなどのイベントが盛りだくさん

「旭川市科学館サイパル」では常時展示コーナーだけでなく、「ふしぎからはじまる<科学>との出会い」をテーマにしたイベントやワークショップを随時開催しています。こちらは夏休みの自由研究にぴったり。サイエンスイベントでは土曜・日曜を中心に公開実験や化学工作を開催、サイエンスゼミナールでは科学に関する様々なことを学べる各種化学教室や講座を開催、サイエンスワークショップでは木工や電子工作などの参加型教室や自然観察などの野外活動を開催しています。とにかく子供や親子で参加できるイベントが盛りだくさん。遊びながら科学に触れることができるのでどんどん積極的に参加してみましょう。

旭川市科学館 サイパルへのアクセス

自家用車の場合
・道央自動車道「旭川鷹栖IC」より車で約25分(旭川鷹栖IC→旭川新道→イオン旭川西店前→国道12号線→4条9丁目→1条9丁目→1条15・16丁目交差点を右折→新神楽橋の交差点を左折→旭川市科学館)
・旭川空港より車で約40分(旭川空港→東神楽線→大正橋→ホクト電子前→南6条通→旭川市科学館)

公共交通機関を利用する場合
・JR旭川駅前「27番のりば」発、「旭川電気軌道バス」82番線「南高行」、84番線「ひじり野1の1行」乗車、「科学館前」下車、所要時間約5分
・旭川空港発、「空港連絡バス」77番線乗車、「科学館前」下車、所要時間約32分
・最寄駅から徒歩の場合
 JR旭川駅から宮下通り経由徒歩約25分、JR旭川四条駅から徒歩約15分

■スポット詳細
名称:旭川市科学館 サイパル
所在地:旭川市宮前1条3丁目3番32号
定休日:毎週月曜日、毎月末の平日
営業時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)※8月12日~16日は9:30~20:00(入館は19:30まで)
料金:
・常設展示室(1日) 大人400円、高校生250円
・プラネタリウム(1回) 大人300円、高校生200円
・常設展示室(1日)+プラネタリウム(1回) 大人500円、高校生300円
・常設展示室(1日)+旭川市博物館常設展(1日) 大人500円、高校生300円
・プラネタリウム(1回)+旭川市博物館常設展(1日) 大人400円、高校生250円
・常設展示室(1日)+プラネタリウム(1回)+旭川市博物館常設展示(1日) 大人700円、高校生450円
・旭川市博物館常設展(1日) 大人300円、高校生200円
※中学生以下 無料

ページTOPへ

「旭川」周辺の関連記事

このページのTOPへ