三重でおすすめのお土産&スイーツとは?

  • 649 |

三重へ旅行に行き、観光やレジャーを楽しむのは当たり前ですが、帰路の最後にお土産を選んで買って帰るのも楽しみの一つです。しかし、お土産といっても何種類もある中で、何を選ぶと喜ばれるかわからないということが悩みの一つです。そこで、今回は各シーンに合わせた三重のおすすめのお土産を紹介します。

へんば餅

へんば餅は、三重県伊勢市に拠点を持つ株式会社へんばが販売する和菓子です。へんば餅は、1775年に参宮街道宮川の近くに茶店を設けた際に、参宮する人たちが店で休み馬を返して参宮されたため、辺馬(へんば)餅と呼ばれるようになったと言われています。へんば餅は、米粉を使った餅は独特の食感とこし餡のマイルドな甘みが口に広がるの特徴です。昔ながらの地元の味を楽しみたいならへんば餅はおすすめの商品です。

赤福

赤福餅は、三重県伊勢市に拠点を構える和菓子屋赤福の和菓子商品で、餅をこし餡で包んだものです。赤福の誕生は1707年と言われており、1708年の浮世草子に赤福について記されていたと言われています。三重のお土産でも定番とされている赤福は、昔ながらの味わいを楽しめるので老若男女おすすめの商品となります。

かたやき

かたやきは、三重県伊賀地方の名物菓子で、かつて伊賀忍者が携帯していた非常食が元とされていて日本一硬いせんべいとして有名です。かたやきは、非常に硬いため、購入した際についてくる木槌を使い、せんべいを割って食べます。味は一般的なせんべいと異なり甘く、表面に振られている青海苔の風味が独特で味を楽しむことができます。一風変わった地元菓子を持ち帰りたいならかたやきはおすすめの商品となります。

ページTOPへ

「三重」周辺の関連記事

このページのTOPへ