大人も子供も満足!盛岡市子ども科学館で見て、触って科学を学ぼう、楽しもう

  • 2136 |

盛岡市子ども科学館は岩手県盛岡市にある、プラネタリウムやサイエンスショー、ワークショップなどが充実した施設です。子供も大人も気軽に科学に親しめる、盛岡市子ども科学館の魅力について解説します。

盛岡市子ども科学館の魅力

盛岡市子ども科学館の魅力は、気軽に科学に親しめること。特に満天の星空を堪能できるプラネタリウムと、バラエティ豊かな工作を楽しめるワークショップが人気です。また、いろいろなサイエンスショーも行われており、大人も子供も新しい発見ができること間違いなしです。

プラネタリウムで満天の星空を手軽に堪能

http://image2.30min.jp/

盛岡市子ども科学館にはプラネタリウムが常設されています。曇りがちな天気が多い時期でも、プラネタリウムに行けば手軽に満天の星空が堪能できます。8月23日(日)までは夏休みの特別期間として、1日5回のバラエティ豊かなプログラムの放映があります。ドラえもんといっしょに太陽系のひみつを解き明かしたり、その日の星空と天文の話題についてスタッフが解説してくれたりと、楽しいプログラムが満載です。

ワークショップで様々な工作を楽しめます

盛岡市子ども科学館ではワークショップで様々な工作を楽しめます。プロペラの風力で走る車の模型「プロペラかー」や模様がゆっくりと変化する万華鏡「ワンドスコープ」、小型モーターの振動で動く「振動おもちゃ」や太陽光発電を利用したランタン「ソーラーランタン」、その他にもマーブリングうちわやスライムなど、種類豊富な工作が楽しめます。工作の題材は月ごとに変わるので、ホームページでチェックしましょう。また日曜日・祝日にはサイエンスショーも行われます。

夏休みの特別企画、カラクリ作品の展示会!

2015年の盛岡市子ども科学館のテーマは「つたえる」。この「つたえる」にちなんで8月23日(日)まで、木工職人の高橋みのる氏製作の動きをつたえる歯車やカム・リンクを使った木のからくりを展示しています。歯車やカム・リンクが動きを伝える仕組みを解説したパネルや、歯車の知育おもちゃも展示されています。過去にTVチャンピオンの「木のおもちゃ職人選手権」で優勝したこともある高橋みのる氏の作品を眺めてみませんか。

毎月第一土曜日には「ナイトミュージアム」が開催され、「夜の実験室」や「スペシャルプラネタリウム」など、この時しか楽しめない題材・プログラムが見られます。プラネタリウムで星のことを学んだ後に実際に星を観察したりと、いつもと違う発見を楽しめます。

盛岡市子ども科学館へのアクセス

車を利用する場合は東北自動車道盛岡ICから国道46号線経由でおよそ15分。また、公共交通機関を利用して盛岡駅西口(マリオス前)からタクシーでおよそ3分、徒歩だとおよそ15分です。バスを利用する場合は先人記念館行太田線の子ども科学館前で下車、または手代森ニュータウン南口行き 他6路線の杜の道北を下車して徒歩およそ10分、盛南ループ200の市民総合プールを下車して徒歩およそ10分で着きます。

スポット詳細
名称:盛岡市子ども科学館
所在地:〒020-0866 岩手県盛岡市本宮字蛇屋敷13-1
定休日:不定休
営業時間:9:00〜16:30
料金:おとな(高校生以上):200円 こども(4歳〜中学生):100円
公式サイト:http://www.kodomokagakukan.com/ 

ページTOPへ

「盛岡」周辺の関連記事

このページのTOPへ