宇宙好き必見!宮城県の角田宇宙センターで宇宙を知ろう、ロケットエンジンを見よう!

  • 2541 |

宇宙航空研究開発機構 角田宇宙センターは、宮城県角田市にある宇宙推進系研究開発を行っている施設です。角田宇宙センターには宇宙開発展示室があり、その館内を自由に見学することができます。試験に使用されたロケットエンジンや大型液体ロケットエンジンなどを眺めれば、心踊ること間違いなしですよ。

livedoor.blogimg.jp

角田宇宙センターの魅力

角田宇宙センターは、ロケットエンジンの研究を主体として行っている「角田西地区」とロケットエンジンの開発試験を主体として行っている「角田東地区」からなっています。これらは2003年に宇宙航空研究開発機構(JAXA)として統合され、宇宙推進系研究開発において中核的な役割を担っています。角田宇宙センターはJAXAの研究施設ですが、自由に見学できる「宇宙開発展示室」があり、ロケットエンジンの展示や探査機「はやぶさ」の打ち上げのシミュレーションを体験できる機械などが置かれています。

展示されているロケットエンジンの迫力は桁違い!

宇宙開発展示室では、試験に使用されたロケットエンジンや複合エンジン、また宇宙研究についての解説のパネルなどが展示されています。特に屋外に展示されている大型液体ロケットエンジンの迫力は桁違い!その大きさに圧倒されてしまいます。宇宙やロケットに興味がある方なら、お子様から大人まで飽きることなく見学することができますよ。

はやぶさシミュレータで探査機の打ち上げを体験してみよう!

角田宇宙センターには「はやぶさシミュレータ」という機械が用意されています。この「はやぶさシミュレータ」では、探査機の打ち上げや地球スイングバイ・タッチダウン、通信途絶からの回復や大気圏再突入などといった、実際の宇宙探査機の打ち上げ時のミッションをシミュレーションすることができます。また上級者向けのミッションとして「人工衛星起動設計」も用意されており、宇宙好きにはたまりません!

JAXAの活動や宇宙・ロケットに関する知識を深められる!

角田宇宙センターにはDVD視聴室もあり、ここでJAXAの活動や宇宙、ロケットに関する数多くのDVDを自由に閲覧することができます。一般向けのものだけでなく子ども向けのDVDも用意されているので、年齢を問わずに楽しむことができますよ。英語のDVDも用意されているので、外国人のお友達と一緒に訪れても楽しめること間違いなしです。

4月と9月には、それぞれ1日のみ所内の研究施設の一般公開も行われます。詳細はホームページなどでチェックしましょう。

角田宇宙センターへのアクセス

車を利用する場合、東北自動車道を通って白石インターからおよそ30分、村田インターからおよそ30分で着きます。新幹線を利用する場合は、JR東北新幹線の東京駅から仙台駅まで「はやて」または「こまち」を利用しておよそ1時間40分、仙台駅でJR東北本線に乗り換えて船岡駅までおよそ30分。あるいは、JR東北新幹線の東京駅から福島駅まで「やまびこ」を利用しておよそ1時間40分、福島駅でJR東北本線に乗り換えて船岡駅までおよそ1時間。いずれも船岡駅からはタクシーでおよそ10分で着きます。

スポット詳細
名称:宇宙航空研究開発機構 角田宇宙センター
所在地:〒981-1525 宮城県角田市君萱字小金沢1
定休日:土・日・祝日、年末年始(ただし、3月最終土・日~10月の間は無休)
営業時間:10:00〜17:00
料金:無料
公式サイト:http://www.kspc.jaxa.jp/japanese/index.html

ページTOPへ

「角田・丸森」周辺の関連記事

このページのTOPへ