愛知に行くなら食べて帰りたい絶品グルメ

  • 1759 |

愛知へ旅行に行き、観光やレジャーを楽しむのは当たり前ですが、旅行期間中に何を食べるかも旅をおもしろくする重要な要素です。しかし、その地域でどんな料理が有名か以外にわからないことが多いのも事実です。そこで、今回は各シーンに合わせた愛知のおすすめのグルメを紹介します。

名古屋ひつまぶし

ひつまぶしは、愛知県の名古屋市の郷土料理で、うなぎの蒲焼きを細かく刻み、絹糸玉子がのったご飯の上に掛けて混ぜて食べる料理です。ひつまぶしは、郷土料理で一般用語だと思っている人も多いかもしれませんが、実は名古屋市にある料理店のあつた蓬莱軒が取得している登録商標であり、このあつた蓬莱軒が1987年に販売を開始した料理が大衆化したと言われています。薬味などを使って味を変えていける楽しみがあり、食べ方にルールがあるのがひつまぶしの特徴です。名古屋の定番メニューを食べたいならおすすめの一品です。

名古屋味噌カツ

味噌カツは、愛知県の名古屋市周辺発祥の料理で、愛知県の名産品である八丁味噌や鰹だし、砂糖などを中心に作った甘いタレを豚カツにかけたものです。名古屋と言えば味噌が料理に使われるケースが多く、ソースなどをかけずに味噌を使う場合があります。味噌カツは1947年に味噌カツ老舗店の矢場とんが提供したと言われており、客が串かつをどて鍋につけて食べたことがきっかけであると言われています。名古屋の名物料理が食べたいならおすすめの一品です。

台湾ラーメン

台湾ラーメンは、愛知県名古屋市発祥のB級グルメです。発祥は、名古屋市千種区にある台湾料理店の味仙からと言われており、台南名物のタンツーメンをベースに名古屋人の好みにあわせて味付けしたものです。具体的に、豚の挽肉・ニラ・長ネギ・モヤシ・にんにくを唐辛子で味付けし、醤油ベースのスープで作られるのが特徴です。激辛のラーメンは、夏の暑さを吹き飛ばし、冬の寒さを和らげてくれます。名古屋でB級グルメが食べたいなら台湾ラーメンはおすすめの一品です。

ページTOPへ

「名古屋」周辺の関連記事

このページのTOPへ