東京タワー水族館 の魅力を解説!料金やアクセス情報もご紹介

  • 540 |

東京都港区芝公園にそびえ立つ「東京タワー」の塔却下にあるアミューズメント施設「フットタウン」の1階にある『東京タワー水族館』。南北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、アジア、オセアニア、日本と、生息地別に6つのエリアで構成されていて、900種50,000匹の観賞魚が飼育されています。 

blog.goo.ne.jp/ymoriguchi1957

東京タワー水族館の魅力

都心の複合商業施設のワンフロアにあるためスペースは限られていますが、展示されている魚の種類の多さは大きな水族館に引けを取りません。美しい熱帯魚は、もちろん観ていて癒されますが、ここではグリーンモレイ(大ウツボ)、頭にツノがあるコンゴウフグ、ガメラのモデルになったといわれるワニガメなど、ちょっと不気味でマニアックな魚たちが人気です。各エリアで異なるBGMが流れているので、音楽とともに地域ごとの魚の違いが学べます。また、一部の魚はその場で購入することができるようになっています。
「東京タワーには行ったけれど、水族館があったなんて知らなかった」という人は多く、都心にありながら、穴場的なスポットになっています。

毎日開催!お食事タイムがオモシロイ

東京タワーの一角に位置するため、イルカのショーのような大掛かりな催しはないのですが、その代りに密かに人気を博しているイベントが、テッポウウオとチンアナゴの「お食事タイム」です。毎日11時と16時30分に開催されるこのイベントは、スタッフの解説聞きながら、海の生物たちの個性的な食事風景を観察することができます。テッポウウオはその名の通り水鉄砲を使いエサを狙い撃ちします。チンアナゴは「どこまで伸びるの!?」とびっくりするほどの長い体を披露してくれます。時間が合えば、ぜひ観てくださいね!

東京タワー水族館へのアクセス

東京タワー水族館へは、公共交通機関または自家用車でアクセスができます。

公共交通機関の場合

公共交通機関を利用する場合は、電車、バスそれぞれを利用できます。
電車の場合は、地下鉄日比谷線神谷町駅・三田線御成門駅・都営大江戸線赤羽橋駅から徒歩6分、またはJR浜松町駅から徒歩15分です。
バスの場合は、東京駅からは東急バスが便利です。東京駅丸の内南口~東京タワー前バス停まで約30分で移動できます。

自家用車の場合

自家用車の場合は、首都高都心環状線芝公園出口からすぐの位置にあります。
東京タワーに隣接する駐車場は、地上駐車場と地下駐車場があります。最初の1時間は600円で以降30分毎に300円追加されていきます。
国内外から多くの観光客が訪れる人気のスポットです。渋滞や駐車場の混雑が予想されるので、なるべく公共の交通機関をおすすめします。

■スポット詳細
名称:東京タワー水族館
所在地:東京都港区芝公園4-2-8
休館日:無休
開館時間:10:00~19:00
料金:大人(高校生以上)1,080円、小人(1歳以上中学生以下)、シニア(65歳以上要・公的年齢確認証の提示が必要です)600円

ページTOPへ

「東京タワー・芝公園」周辺の関連記事

このページのTOPへ