個性派揃いの「のぼりべつクマ牧場」でクマたちのかわいいパフォーマンスを鑑賞しよう

  • 2638 |

「のぼりべつクマ牧場」は登別温泉で有名な北海道の登別市に位置し、登別地獄谷などの絶景を望めるスポットとしても人気のある場所です。登別温泉街からロープウェイに乗って約7分で到着する、標高550mの山頂にあります。牧場のクマたちは愛嬌たっぷり。ここでは、「のぼりべつクマ牧場」の魅力を紹介します。

mo-download.com

のぼりべつクマ牧場の魅力

のぼりべつクマ牧場では、クマ山へ登ると、第1牧場観覧台と第2牧場観覧からクマの様子を見下ろすように鑑賞することが可能です。クマの種類が豊富でエゾヒグマやヒグマ、ニホンツキノワグマ、ヒマラヤグマなどの種類がいます。

エサを欲しがる時のパフォーマンスが個性的

牧場で飼育されているクマたちは、観光客が投げてくれるエサ欲しさにさまざまなパフォーマンスを織りなします。手を叩くクマやおいでおいでと手を振るクマ、決して媚を売らずプライドの高いクマなど性格はバラバラです。クマとのコミュニケーションよって性格などを知ることができるのも、安全に鑑賞できるクマ牧場ならではです。

ボス争いを観察してクマ社会の掟を知ろう!

そして毎年5月の発情期になる頃に見られる「ボス争い」はクマ社会に必要不可欠なもので、ボスがいると群れが安定すると言われ、クマ牧場でもその熱いバトルが繰り広げられます。傷つけあうのではなく、威嚇をしたりマーキング行動により決定するようで、多頭飼育だからこそクマ政権の様子を知ることができる貴重な牧場となっています。

まるでぬいぐるみのような子グマを見るチャンス!期間限定イベント開催中

夏の期間、毎週土曜日と日曜日に「氷中果物プレゼント」イベントが開催されています。 凍ったリンゴを悪戦苦闘しながら氷の中から取り出そうとする子グマの姿はは格別かわいいと大人気の企画です。思わず声を出して応援したくなってしまうほどの、かわいい仕草を目の前で鑑賞できます。8月23日(日)までの期間限定なので、北海道へ行ったらぜひ足を運んでみてくださいね。 その他牧場内では、アイヌコタンの文化が体感できる「ユーカラの里」や、周囲8キロほどの神秘の湖、クッタラ湖を眼下に望める展望台、アヒルレースが開催されるアヒル小屋など見どころ満載なので、ゆっくり散策しながら巡ってみましょう。

のぼりべつクマ牧場へのアクセス

自家用車の場合
札幌からは、道央自動車道札幌北ICから登別東ICまで約70分、その後、登別温泉通350号線で登別温泉方面へ向かいます 。

電車の場合
JR札幌駅発の場合、JR特急線で約70分、JR登別駅で下車します。その後、道南バス登別温泉行で約15分「登別温泉バスターミナル」停留所下車。そこから徒歩で約5分です。

■スポット詳細
名称:のぼりべつクマ牧場
所在地:登別市登別温泉町224番地
定休日:営業期間中は無休
営業時間:(7月1日~9月30日)8:00~16:20 ※営業終了17:00、(10月1日~1月31日)8:30~ 15:50 ※営業終了16:30、(2月1日~3月31日)8:30~15:20 ※営業終了16:00
料金:一般 2,592円、小人 1,296円 ※いずれもロープウェイ料金含む ・障がい者特別割引料金(個人)大人1,296円 ・小人648円 ※いずれも付き添い1名1,296円

ページTOPへ

「登別」周辺の関連記事

このページのTOPへ