大人も夢中!「JAXA 筑波宇宙センター」で宇宙を楽しく学ぼう

  • 2728 |

いつの時代も、子どもから大人まで誰もが憧れる宇宙の世界。茨城県つくば市の筑波研究学園都市にある「JAXA 筑波宇宙センター」では、最新の宇宙開発の現状が学べます。子供だけでなく、大人も夢中になってしまうこと間違いなしの「JAXA 筑波宇宙センター」の見どころをご紹介します。 

http://blogs.c.yimg.jp/

JAXA 筑波宇宙センターの魅力

「筑波宇宙センター」は、筑波研究学園都市にある独立行政法人「宇宙航空研究開発機構(JAXA)」の研究施設です。日本の宇宙開発の中枢センターとしての役割を果たしており、人工衛星やロケットの研究開発、打ち上げた人工衛星を追跡管制するネットワーク拠点のひとつです。
1972年に造られ、広大な敷地には一般向けに見学施設も建ち並んでいます。JAXAでの実際の活動内容が学べる展示をじっくりと見たり、宇宙服を着て記念撮影を楽しむこともできます。

生まれ変わったスペースドーム

様々な衛星や科学技術の集大成を学べるスペースドームは、今年6月にリニューアルしました。国際宇宙ステーション「きぼう」の日本実験棟の実物大モデルが新しくなったところが、一番の目玉です。2014年に開催された『宇宙博2014』で展示されていたもので、大きさ、内装とも実物さながらの作りとなっています。よりリアルな「きぼう」の姿を体感してみてください。

本格的に学べる見学ツアー

日本で最大規模の宇宙航空開発施設の一部を、ガイド付きで見学できます。「宇宙飛行士コース」「宇宙ステーションコース」「ロケットコース」の3つのコースが用意されており、曜日、時間帯によりコースが異なります。こちらは要予約です。

宇宙グッズが並ぶミュージアムショップ

宇宙にちなんだTシャツや文房具、パズル、プラモデル、科学キットなど様々なグッズが販売されており、お土産にも人気です。なかでも一番人気なのが「宇宙食」です。こちらは実際に宇宙で食べられている物で、カレーやたこ焼き、アイスクリームといったスペースフードを自宅で味わえます。

JAXA 筑波宇宙センターへのアクセス

公共機関の利用ですと、JR常磐線荒川沖駅またはつくばエクスプレス線つくば駅から、関鉄バスで物質研究所下車徒歩1分です。
東京駅の八重洲南口からはハイウェイバスも出ており、便利です。つくばセンター行きに乗車し、並木1丁目下車徒歩1分です。
車ですと、常磐自動車道桜土浦インターから7分、または、国道6号線を利用し学園東大通り線入口から10分です。


スポット詳細
名称:JAXA 筑波宇宙センター
所在地:茨城県つくば市千現2-1-1
定休日:12月29日~1月3日
営業時間:10時~16時
料金:入館無料
公式サイト:http://www.jaxa.jp/about/centers/tksc/

ページTOPへ

「つくば」周辺の関連記事

このページのTOPへ