静岡でおすすめのお土産&スイーツとは?

  • 1448 |

静岡へ旅行に行き、観光やレジャーを楽しむのは当たり前ですが、帰路の最後にお土産を選んで買って帰るのも楽しみの一つです。しかし、お土産といっても何種類もある中で、何を選ぶと喜ばれるかわからないということが悩みの一つです。そこで、今回は各シーンに合わせた静岡のおすすめのお土産を紹介します。

うなぎパイ

うなぎパイは、静岡県浜松市にあるお菓子メーカーの春華堂から販売されている洋菓子で、うなぎの骨でだし汁を粉末にしたパウダーをパイ生地に練り込み焼いたものです。うなぎパイは1961年に春華堂から発売され、1966年には1,000万本の売上を出しています。全国の名物土産ランキングなどで上位の人気を誇るうなぎパイは、老若男女誰でもたべることができるおすすめのお土産です。

田子の月「もなか」

田子の月のもなかは、静岡県富士市にある老舗和菓子店の田子の月から販売されている和菓子で、田子の月は昭和27年に創業され創業60年を迎えるお店です。やわらかい餅を、北海道の十勝産小豆と氷砂糖を使用したつぶあんで包み、香ばしい皮ではさめば、それぞれが調和した絶妙な味わいを楽しむことができます。一口サイズでかわいらしく、手軽に食べることができるので、実家へのお土産や会社へのお土産におすすめです。

清水屋「黒大奴」

黒大奴は、静岡県島田市にある老舗和菓子屋の清水屋が販売している和菓子で、清水屋は江戸時代の1722年頃に創業されたと言われ、その頃から旅人に愛され続けた味を受け継ぎ続けています。中でも、黒大奴は清水屋の中で人気商品で、中にはやわらかい高級こし餡を、昆布を練り込んだツヤのある羊羹が包み込み、昆布のうまみと餡の甘さが程よい味わいを出しています。昔ながらの味わいが楽しみたい人にはおすすめの商品です。

ページTOPへ

「静岡」周辺の関連記事

このページのTOPへ