大水槽と海の生き物のショーは必見。新江ノ島水族館で海の生物の美しさを感じよう!

  • 2021 |

新江ノ島水族館は神奈川県藤沢市の片瀬海岸湘南海岸公園にある水族館です。2004年にリニューアルオープンし、昨年末には来場者が1,500万人を突破しました。湘南海岸に浮かぶ富士山と、江ノ島の美しい景色が背後を彩る絶好のロケーションです。 「えのすい」の愛称で親しまれる大人気の水族館についてご紹介します。

http://blogs.c.yimg.jp/

新江ノ島水族館(えのすい)の魅力

見るものを釘付けにする大水槽と、海の生き物のパフォーマンス!

入口近くにある「相模湾大水槽」は水深6.5m、水量1,000トン、1階から2階までつながっている非常に大きなもの。この水槽の中だけで90種類もの海洋生物が見られます。その名の通り、えのすいが面している相模湾の生き物たちが、のびのびと泳ぎまわる姿に目を奪われます。
さらに、圧巻のショーパフォーマンスは必見です。特に、えのすいのイルカのエンターテインメントショーはド派手な演出で人気を集めています。
他にも、世界屈指のクラゲ育成ノウハウを活かしての「クラゲファンタジーホール」があり、14種類ものクラゲの遊泳を優雅に煌びやかに見られます。また、世界初となる透明に輝くシラスの遊泳もあります。何を見ようか迷ってしまうほどのラインナップです。

必見!えのすい×チームラボ ナイトワンダーアクアリウム2015

12月25日の期間中、17時~20時まで「えのすい×チームラボ ナイトワンダーアクアリウム2015」が開催されています。このイベントは、新江ノ島水族館をデジタル的な空間へと演出する夜間限定のオリジナルイベントです。相模湾大水槽の周辺一帯がプロジェクションされ、カラフルな花が咲き乱れるアートな空間へと変貌します。常に変容し続け、二度と同じ絵を見ることはない、その瞬間だけの美しさを目に焼きつけてください。

えのすいだけのグルメを味わおう

えのすいには独特のグルメがあります。「えのすい丼」780円などがおすすめです。海をイメージしたビールやアイスなど、ここでしか食べられないもの多いので、館内を歩き疲れたらえのすいグルメで一休みしてみてはいかがでしょうか。

施設概要
名称:新江ノ島水族館
住所:〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
アクセス:小田急江ノ島線「片瀬江ノ島駅」 徒歩3分、江ノ島電鉄「江ノ島駅」 徒歩10分、湘南モノレール「湘南江の島駅」 徒歩10分
営業時間:9:00~20:00(最終入場19:00)※9月連休時以外の営業時間です。その他時期により営業時間が異なりますので、HPでチェックを。
定休日:不定休
料金: 大人 2,100円、高校生 1,500円、中・小学生 1,000円、幼児(3歳以上)600円
公式サイトURL: http://www.enosui.com/

ページTOPへ

「藤沢・江ノ島」周辺の関連記事

このページのTOPへ