静岡に行くなら食べて帰りたい絶品グルメ

  • 1903 |

静岡へ旅行に行き、観光やレジャーを楽しむのは当たり前ですが、旅行期間中に何を食べるかも旅をおもしろくする重要な要素です。しかし、その地域でどんな料理が有名か以外にわからないことが多いのも事実です。そこで、今回は各シーンに合わせた静岡のおすすめのグルメを紹介します。

富士つけナポリタン

つけナポリタンは、静岡県富士市にある吉原商店街を中心に食べることができるB級グルメです。テレビ東京と吉原商店街が協同で開発したグルメで、喫茶店でお馴染みのナポリタンと人気のつけめんを融合したもので、トマトソースをベースにしたスープにナポリタンをつけて食べます。今まで食べたことのないような、地元のグルメを体験したい人にはおすすめの商品です。

静岡おでん

静岡おでんは、静岡県静岡市を中心に食べることができるご当地料理で、通常のおでんと異なり、濃口醤油を使い鶏ガラでだしを取った、長年継ぎ足しの黒いつゆで食べます。だし粉と呼ばれるイワシの削り節やかつお節、青海苔をかけて食べるのが特徴です。静岡おでんは、季節を問わず1年中食べられており、おでんの飲食店街があるだけでなく、駄菓子屋でもおでんを食べることができます。地元に根付いたオリジナルの食べ物を食べたい人にはおすすめの一品です。

遠州焼き

遠州焼きは、静岡県浜松市を中心に食べることができるB級グルメで、小麦粉、鶏卵を使ったお好み焼きの生地にたくあん漬けや紅しょうが、ネギを混ぜて薄く焼き上げたもので、お好み焼きの一種です。他のお好み焼きと異なり、両面を焼き上げた後に二つ折、または、三つ折にして、醤油を塗りサバやアジの粉をまぶすのが特徴です。定番のお好み焼きや広島焼きではなく、少し違ったB級グルメを食べたい人にはおすすめの一品です。

ページTOPへ

「静岡」周辺の関連記事

このページのTOPへ