森の中の動物園で動物と触れ合おう。「長野市茶臼山動物園」の魅力

  • 1546 |

 「長野市茶臼山動物園」は、長野市の南西、茶臼山公園の一角にあります。緑の豊かな森に囲まれた動物園です。周辺には恐竜公園や植物園などもあります。小動物との「ふれあい」を重視し、様々なイベントや企画展、季節イベントなどを催しています。茶臼山動物園の魅力についてご紹介します。

http://www.chausuyama.com/

長野市茶臼山動物園の魅力

愛くるしいレッサーパンダが一番の人気者

茶臼山動物園の一番人気の動物は、レッサーパンダです。1985年に友好都市の中国の石家庄市からやってきて、2000年に老衰で亡くなったメスのホアホアは、当時日本にいるレッサーパンダの中で一番の長寿でした。来日以来33回の出産で60頭の子供を産み、今でも日本各地の動物園に彼女の子孫が暮らしています。
レッサーパンダの他にも、キリンやゾウなどの大型の生き物から、ムササビやヤマアラシなどの小型の動物まで、たくさんの生き物が暮らしています。動物園全体が茶臼山公園の中にあり、森の中に動物を訪ねていくような、のんびりとした雰囲気の中で過ごせます。動物園からは善光寺平も一望できて、自然の中でリフレッシュできますよ。

「いつでも何かやっている」イベントに参加しよう

イベントは毎日開催。動物の解説ガイドや餌やり、ふれあいや記念撮影などを行っています。子供限定のポニー乗馬はいつも人気のイベント。「キリンに木の葉をあげてみよう」では、大人の方がドキドキしてしまうかもしれません。
土曜日曜祝日には、「猛獣レストランお食事タイム」や「リクガメにエサをあげてみよう」「オオコノハズクに近づいてみよう!」「レッサーパンダのお散歩タイム」などたくさんのイベントがあります。
動物との距離がぐっと近づく体験です。ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

長野市茶臼山動物園へのアクセス

茶臼山動物園までは、車での移動か、最寄り駅の「篠ノ井駅」からタクシー(移動時間約15分)が便利です。
車利用の場合は長野自動車道更埴ICから車で25分。上信越自動車道長野ICから車で25分です。
また、4月から11月3日までの土曜日、日曜日、祝日のみ篠ノ井駅西口からの動物園への運行バス「ズーぐる」が運行しています。往復乗車券を購入すると、入場料が100円引きになります。小中学生は入園料が無料になってとてもお得です。

スポット詳細
名称:長野市茶臼山動物園
所在地:長野市篠ノ井有旅570-1 
休園日:毎週月曜日
開園時間:春~秋(3/1~11月末)午前9時30分から午後4時30分、冬季間(12/1~2月末) 午前10時から午後4時
料金:大人 500円、小中学生 100円
公式サイト:http://www.chausuyama.com/

ページTOPへ

「長野市」周辺の関連記事

このページのTOPへ