日本一高い場所にある天空の水族館「蓼科アミューズメント水族館」で熱帯の魚に出会う!

  • 2272 |

長崎県茅野市の蓼科アミューズメント水族館は、標高1,750mと日本一高い場所にある「天空の水族館」です。ギリシャ神殿をイメージした館内には世界各地から集められた珍しい魚たちが数千匹も飼育されています。ペット同伴で楽しめることもあり、旅行者たちの人気を集めています。

blog.goo.ne.jp

蓼科アミューズメント水族館の魅力

蓼科アミューズメント水族館の一番の特徴は、その標高の高さ。水族館でありながら標高1,750mという高原にあり、爽やかな空気の中で楽しめます。また、ペット同伴で訪れることができるのも魅力的。水族館の一角にはドッグランも用意されていて、ペットと一緒にのびのびと楽しめます。

古代魚・アロワナの迫力に圧倒

蓼科アミューズメント水族館の生態展示エリアは、大きく分けて7つのゾーンからできています。「レインボーパレス:虹の迷宮」と名付けられたゾーンは幻想的に七色に輝き、古代魚アロワナなどが泳いでいます。どこか威厳ある姿に、思わずじっと見入ってしまいそうです。
「ラッシュアワーカープ:コイたちにあふれる街」では、大人気のエサやりコーナーがあります。エサをあげると、たくさんのコイが競うようにやってきます。その様子はまるで人間界のラッシュアワーのよう?錦鯉、金色、黒と、模様の違いをじっくりと観察するのも面白いです。

yatsugatakevillage.com

まるで異次元空間に来たかのような体験

生態展示エリアにはそれぞれテーマがあり、ただの水族館とは一線を画した面白い展示が満載です。
ウォーターポリス:水の都市
水槽内に高層ビル街と化した水の都市が再現されており、魚たちの都会生活を堪能できます。
ドリームレジデント:夢の王宮
おとぎの国のメルヘンなお城。高貴な魚貴族たちが優雅に泳いでいる、特に大人のカップルに人気のコーナーです。
ガイアジャングル:魅惑の熱帯雨林
変わった形の魚たちが泳いでいます。1億年前に進化を止めたと言われている最大級の淡水魚であるピラルクも暮らしています。毎日エサやりタイムがあり、巨大魚ならではの迫力ある捕食シーンを見られます。

蓼科アミューズメント水族館へのアクセス

車を利用する場合、蓼科湖からおよそ10分、白樺湖からおよそ20分、諏訪ICからおよそ35分、諏訪南ICからおよそ40分、佐久ICからおよそ60分です。無料駐車場が250台用意されています。
公共交通機関を利用する場合、JR東日本中央本線の茅野駅で下車して、茅野駅西口のアルピコ交通バス乗り場の2番のりばから北八ヶ岳ロープウェイ行きのバスに乗り、終点で降りて徒歩ですぐです。

スポット詳細
名称:蓼科アミューズメント水族館
所在地:〒391-0301 長野県茅野市北4035−2409
定休日:無休
営業時間:平日:9:30〜17:00 土日祝日:9:30〜17:30
料金:大人:1,470円 小学生:840円 幼児(3歳以上):420円 2歳以下:無料 ペット:300円 ドッグラン:一頭あたり500円
公式サイト:http://www.tateshina-aquarium.jp/

ページTOPへ

「茅野」周辺の関連記事

このページのTOPへ