和歌山に行くなら食べて帰りたい絶品グルメ

  • 1110 |

和歌山へ旅行に行き、観光やレジャーを楽しむのは当たり前ですが、旅行期間中に何を食べるかも旅をおもしろくする重要な要素です。しかし、その地域でどんな料理が有名か以外にわからないことが多いのも事実です。そこで、今回は各シーンに合わせた和歌山のおすすめのグルメを紹介します。

クエ丼

クエ丼は、和歌山県の和歌山市を中心に食べることができる地元料理で、高級魚であるクエを手軽に味わえるように天ぷらにし丼に載せたものです。薄味の出汁に、しいたけやオクラ、梅干しなどの天ぷらとクエの天ぷらを載せた丼は、丼でありながら非常に上品な味わいを楽しむことができます。普段なかなか食べることのできないクエを、気軽に食べたい人におすすめの一品です。

ぼたん鍋

ぼたん鍋は、イノシシの肉を使った鍋料理で、鍋の中にイノシシの肉と野菜、根菜、きのこ、芋、こんにゃく、豆腐などを一緒に煮て食べます。イノシシの肉は煮込めば煮こむほど美しい色になり、体も温まり精をつけられることが特徴です。和歌山では、和歌山県広川町で食べることができます。普段食べる機会がない鍋は、話のネタになること間違いなしの一品です。

せち焼き

せち焼は、和歌山県御坊市で食べることができる地元料理で、焼そばを小麦粉を使わずに玉子だけで固めて、お好み焼き状にまとめたものです。発祥は御坊市にあるお好み焼き屋やましたにて1960年に、来店客に頼まれて作ったのがきっかけだとされています。名前の由来としては、和歌山県御坊市の方言で無茶苦茶にすることを「せちがう」と呼び、それが由来となってせち焼きとなったと言われています。地元ならではのB級グルメを楽しむならせち焼きはおすすめの一品です。

ページTOPへ

「和歌山」周辺の関連記事

このページのTOPへ