日本で唯一飼育されている動植物が満載!名古屋市東山動植物園は見どころいっぱい!

  • 3635 |

名古屋市東山動植物園は愛知県名古屋市の東山公園内にある、市営の動植物園です。広大な園内には動物園・植物園・東山スカイタワー、そして遊園地まで併設されています。また、日本ではここ東山動植物園でしか見られないという珍しい動物が何種類もいます。ここでは東山動植物園について紹介します。

higashiyama.city.nagoya.jp

名古屋市東山動植物園の魅力

名古屋市東山動植物園は59ヘクタールもの広大な敷地に、大きく分けて4つの施設が置かれています。動物園本園エリア、動物園北園・遊園地エリア、こども動物園・バラ園エリア、植物園エリアとなっており、それぞれに見どころ満載。飼育されている動物の種類が豊富なことはもちろん、遊園地エリアのアトラクションも充実しています。

ここでしか見られない希少な動物がたくさん!

500種を超える動物がいる名古屋市東山動植物園。日本ではここにしかいない、という珍しい動物達が飼育されています。
白と黒のツートンカラーが魅力的なイタチの仲間の「ラーテル」、家畜ロバの先祖と考えられており絶滅危惧種にも指定されている「ソマリノロバ」、ボリビア北部に生息している大型インコの「アオキコンゴウインコ」、メキシコに住む短くて丸い耳が愛らしい小型ウサギの「メキシコウサギ」。どれも国内ではこの動物園にしかいないので、来訪したらぜひチェックしてみてください。

キリンの赤ちゃんにも会える!

2015年7月にはキリンの赤ちゃんが生まれ、8月から一般公開となりました。毎月第1~4日曜日には動物におやつをあげるイベントも行われています。キリン、ゾウ、カンガルー、アシカ、カバなどに直接おやつを食べさせながら間近で見るチャンスもあります。

giraffe3.exblog.jp

世界中のメダカの観察や人気者のコアラの観察も!

世界中の数百種類ものメダカが集められている「世界のメダカ館」は、名古屋市東山動植物園の名物でもあります。美しく、その量に圧巻されるでしょう。「コアラ舎」ではコアラの故郷であるオーストラリアの気候が再現されており、自然なコアラの生態が観察できます。また「動物会館」では動物たちについての知識を深めることのできる様々な展示が行われています。

東山動植物園へのアクセス

電車を利用の場合
・地下鉄東山線「東山公園駅」下車、3番出口より徒歩3分
・地下鉄東山線「星ヶ丘駅」下車。6番出口より徒歩7分
※植物園に行くには「星ヶ丘駅」で下車する方が便利なのでおすすめです。

車を利用の場合
・東名高速道路 名古屋インターより県道60号線を西へ約15分
・名二環(東名阪) 上社インターより県道60号線を西へ約10分
・名古屋高速 四谷出口より一般道を東へ約10分

スポット詳細
名称:名古屋市東山動植物園
所在地:名古屋市千種区東山元町3-70
定休日:毎週月曜日
営業時間:9:00~16:50
料金:大人(高校生以上)500円、名古屋市在住の65歳以上は100円、中学生以下は入園料無料
公式サイト:http://www.higashiyama.city.nagoya.jp/index_pc.php

 

ページTOPへ

「名古屋」周辺の関連記事

このページのTOPへ