吹きガラス体験で世界に1つのオリジナルのグラス作りに挑戦しよう

  • 745 |

真っ赤に熱された、ドロドロとしているガラスに長い棒を通して息を吹き込む…ガラス作りといえばこんな光景を想像する方がほとんどではないでしょうか。
実は吹きガラス体験は気軽に参加できるアクティビティの1つです。
ここでは吹きガラス体験の概要についてご紹介しているので、参加のきっかけにしていただけると嬉しいです。

吹きガラス体験ではどんなものが作れるの?

吹きガラス体験では、丸い形のグラスを作ることが大半です。
普段の生活でも使いやすいグラスが特に人気です。
中には、一輪挿しや風鈴などを作る体験コースを用意しているガラス工房もあるので、好みに合わせて作りたいものを選びましょう。
吹きガラスの技術を利用すると、ワイングラスやプレート(平たいお皿)などをガラスで作ることができます。こちらは技術が必要なので、何回か体験をされた後にチャレンジすることをオススメします。

予算ははだいたい1作品3000円程度、1つ30分程度で作れます

吹きガラスの体験に挑戦してみたいと思ったら、体験は日本各地のガラス工房で多く実施されていますので、ぜひ気軽に参加してみてください。
1作品3000円程度、1つの作品は約30分程度で完成します。
1回の体験は2作品以上からという工房もあるので、事前に確認をしておくと時間や予算の見積もりができて安心です。
服装については、汚れてもいい動きやすいものがよいです。また、化学繊維のものは万が一火が燃え移ると危険なので、綿などの天然素材の服装で参加するとよいでしょう。

吹きガラスを極めたい!と思ったら教室に通おう

吹きガラスに実際に挑戦してみると、もっと自分の作品を作りたい!と感じると思います。
そういう場合は、吹きガラスの教室を併設しているガラス工房も多くあるので、そのような教室に参加してみることをオススメします。
教室に通うといろいろな形のガラス製品を作ることができるようになります。すぐに、インテリアとしても活用できる作品を作ることができるようになります。
ガラス作りの腕が上達したら、大切な方へのプレゼントにしたり、フリーマーケットやインターネットで販売をしてみたり、いろいろな可能性が広がります。

ページTOPへ

このページのTOPへ