大阪に行くなら食べて帰りたい絶品グルメ

  • 1188 |

大阪へ旅行に行き、観光やレジャーを楽しむのは当たり前ですが、旅行期間中に何を食べるかも旅をおもしろくする重要な要素です。しかし、その地域でどんな料理が有名か以外にわからないことが多いのも事実です。そこで、今回は各シーンに合わせた大阪のおすすめのグルメを紹介します。

たこ焼き

たこ焼きは、皆さんご存知のように、大阪発祥の粉物料理で小麦粉の生地にタコを包むで球体状にして焼き上げた料理です。たこ焼きは1933年に西成区にある会津屋が明石焼きにインスピレーションを受け、ラジオ焼を改良して作ったと言われています。大阪には最もたこ焼き店が出店されており、その数は人口10万人当たり5.87件でした。大阪の定番メニューであるたこ焼きは、大阪内どこでも食べることができる優れものです。一度は本場のたこ焼きを食べてみましょう。

串カツ

大阪のもう一つの定番グルメと言えば串カツです。串カツは肉や野菜を串に刺して衣を漬け油であげた料理で、江戸時代に発祥したと言われています。大阪の串かつは、浪速区の新世界が発祥と言われており、ステンレスの容器に入ったウイスターソースに串をつけて食べるスタイルが定着しています。多くの店が二度漬け禁止となっており、キャベツでソースをすくって食べるなどの方法でソースをつけていきます。大阪ならではの活気ある雰囲気を楽しめる串かつは、みんなで楽しく食事をしたい人におすすめのグルメです。

ねぎ焼き

ねぎ焼きは、大阪市淀川区のお好み焼き店やまもとが発祥の料理で、水で溶いた小麦粉の生地を青ネギを刻み大量にいれて調理するのが特徴です。お好み焼きの場合は、生地にキャベツを中心に牛肉や海鮮を入れて焼くのに対し、ねぎ焼きはねぎのみで焼く場合や、牛すじ煮込みを入れて焼くことが中心です。大阪の中でも一風変わった粉物料理を楽しみたい人におすすめの料理です。

ページTOPへ

「大阪」周辺の関連記事

このページのTOPへ