島根県出雲市にある体験学習型水族館「 宍道湖自然館ゴビウス」で、遊んで学んで癒されよう!

  • 1236 |

出雲市にある「島根県立 宍道湖自然館ゴビウス」は島根県の川と宍道湖、中海を展示する水族館です。汽水をメインテーマにした体験学習型水族館で、約200種1万点を展示し、「遊び、学ぶ、いやし」を提供します。「ゴビウス」とは、ハゼなどの小魚を表すラテン語から取られており、宍道湖の「マハゼ」がモデルのマスコットがいます。

pref.shimane.lg.jp

島根県立宍道湖自然館ゴビウスの魅力とは

事前申し込み不要!とっておきのイベントが体験できる

館内には、大型水槽や、汽水に関わる魚たちの展示の他に、水の中にいる感覚を体験するヘルメット水槽があります。遊びながら学べるタッチプールでは、箱メガネも用意して、水の中も覗けます!
他にも毎週土曜日日曜祝日は、飼育員だからこそ知っている裏話「飼育係 とっておきの話」が聞けます。水族館に暮らす生きものたちを生き生きと解説していきます。

「お魚のお食事拝見!」では、水族館で暮らす生きものたちが普段何を食べているのかを知ることができ、エサやりを見ながら飼育係の解説を聞けます。どちらも事前申し込みが不要ですので、気軽にレクチャーに参加してみてはいかがですか。

ザリガニをもっと知ろう!自由研究にぴったりのテーマです

9月28日まで、特別展として「ザリガニ研究所」が開催されています。
また、「第1回ゴビウスカップ 巨大ザリガニハンターは誰だ?!」も同時開催しています。タッチプールにアメリカザリガニを投入し、ザリガニにさわって、じっくり観察したり、さわってみたりしてみましょう。企画展には、「オスとメスはどこで見分けるのか」、「どうやって飼えばいいのか」、「赤ちゃんザリガニってどんなの?」などザリガニについて詳しく解説していきます。
展示には、赤いザリガニだけでなく、青や白、オレンジ色のザリガニもおり、体色変化の実験を観察出来るブースが用意されています。夏休みの自由研究にぴったりなイベントです。

島根県立宍道湖自然館ゴビウスへのアクセス

アクセスには公共機関のご利用と、お車での移動が便利です。一畑電車北松江線の「湖遊館新駅」から徒歩約10分。お車の場合は、山陽自動車道「宍道IC」から約12分です。水族館の近隣には、「宍道湖グリーンパーク」があり、様々な野鳥や豊かな自然を見る事ができます。

スポット詳細
名称:島根県立 宍道湖自然館ゴビウス
所在地:島根県出雲市園町1659-5
休館日:毎週火曜日(祝日の場合は翌日休み)
夏休み期間中は臨時開館あり
開館時間:午前9時30分から午後5時
料金:一般・大学生 500円
小中高校生 200円
公式サイト:http://www.gobius.jp/

 

ページTOPへ

「出雲」周辺の関連記事

このページのTOPへ