日本産種のトンボ標本がずらり!自然史博物館「四万十川学遊館 あきついお」で四万十川を学習!

  • 465 |

四万十市のトンボ自然公園内にある自然史博物館「四万十川学遊館 あきついお」は、「とんぼ館」と「さかな館」からなる四万十川の生き物について学べる施設です。世界のトンボ標本数は単一施設の常設展示で世界一、国内の淡水・汽水魚展示数は日本一を誇る「四万十川学遊館 あきついお」の魅力を紹介します。

http://tombooukoku.blog120.fc2.com/

四万十川学遊館 あきついおの魅力

“トンボ”と“魚”からなる自然博物館「あきついお」

「四万十川学遊館 あきついお」は、四万十市のトンボ自然公園内にある自然史博物館です。高知県の言葉でトンボが「あきつ」、魚が「いお」なので、合わせて「あきついお」という言葉になっています。あきついおは、世界のトンボ標本約1000種を展示する「とんぼ館」とアカメなどの魚をメインに国内外の淡水・汽水魚約300種を飼育展示する「さかな館」の2つからなっています。なかでも国内の淡水・汽水魚は約200種あり、これは日本一の展示数です。展示している魚は四万十川の上流域から河口までですが、四万十川学遊館 あきついおのある場所が河口付近のため、展示は河口の生物が多いようです。ほとんどの魚がスタッフにより集められているので自然と河口付近の生物が多くなったのかもしれません。

日本産種トンボはほぼ全て展示、国内の淡水・汽水魚数は日本一!

「とんぼ館」は世界のトンボ標本約1000種3000点を展示している施設で、単一施設の常設展示として世界で一番の数となっています。日本産種はほぼ全ての標本を展示しているため、ここに訪れればトンボのことをより深く知ることができるはず。調査によって分かった四万十川流域のトンボの環境もパネル展示などによって伝えているほか、中庭ビオトープでは小さな水辺がありベニイトトンボも飛んでいます。一方「さかな館」では変わりゆく四万十川の様子を魚目線で伝えています。アカメなどの希少種は一定期間飼育したあと里帰り放流を行うなど、自然保護団体としての機能も果たしているそう。さかな館には「日本の魚とタナゴ・コーナー」、「世界の魚コーナー」「古代魚コーナー」があり、それぞれの魚の生態をじっくりと観察することができます。トンボ館同様にビオトープがありメダカが生息しているので、こちらも見ておきましょう。

四万十川学遊館 あきついおへのアクセス

車を利用の場合、高知道「須崎東IC」から国道56号線経由で約120時間、または「四万十町中央IC」から約70分。電車を利用の場合、土佐くろしお鉄道「中村駅」から徒歩30、または中村駅から高知西南交通バスに乗車して10分、「渡川」にて下車し徒歩10分。

スポット詳細
名称:四万十川学遊館 あきついお
所在地:高知県四万十市具同8055-5
定休日:毎週月曜日(春休み、GW、夏休み、冬休みは無休)
営業時間:9:00~17:00
料金:大人860円、中・高聖430円、小人(4歳以上)320円
公式サイト:http://www.gakuyukan.com/

ページTOPへ

「中村・四万十市」周辺の関連記事

このページのTOPへ