北海道に行くときの服装は?【まだまだ寒い!3~4月編】

  • 688 |
http://hokkaidryoko.seesaa.net/

まだまだ寒いので真冬の格好がオススメ

北海道は面積が広く大きくは道南・道東・道北・道央と分かれ、各町によって気温も変わります。3月から4月の平均気温は札幌で2.5度、旭川で0度、網走だとマイナス0.3度にもなります。一方、東京の平均気温は15度以上にもなり、北海道と比べると10度以上変わってきます。ですので、服装に関しても真冬のコートやマフラー、手袋も必需品と言えるでしょう。一度は観たいオホーツク海の流氷ツアーなどは3月中旬までがピーク。今しか観ることのできない雄大な景色を見るには、この時期旅行へ行くしかありません。データや気象情報を参考にしながら荷造りしましょう。

外は厚着、中は薄手で温度調節可能に

温度調節はとても難しく、個人差はあれど服装に意識はしたいもの。特に沿岸部へ出かけられる方は、風も吹き込み体感温度は気温よりも寒く感じると思います。ただ1日中外にいる、ということも少ないかと思います。大概は観光施設へ立ち寄ったり、外へ出たりの繰り返し。施設内でコートなどを脱がずに観光すると外へ出た時のギャップが激しいので、脱ぎ着しながら調整しましょう。なお暖房が効いている施設が多いので、ガッツリ着込むとコートを脱いでも汗ばみます。ヒートテックなども体温を守る為オススメではありますが、汗をかくと冷えるので時と場合によります。なるべく中は薄手を心がけて上手に身体を守りましょう。

雪対策を忘れずに(残雪・降雪に注意)

北海道は3月も4月も雪が降ります。特に道東の山間部・阿寒湖周辺や網走、十勝平野、大雪山・富良野・美瑛などは残雪が見られますので雪対策は必須です。 防寒具はもちろんのこと、防水性のある上着や靴はスニーカーではなくブーツなどを履けるようにしておきましょう。少々荷物にはなりますが、万が一靴が濡れると翌日までに乾くのは難しくなります。残雪・降雪は当たり前にあると思ったほうが良いかも知れません。

以上いかがでしたでしょうか? 卒業シーズン、入学シーズンは桜というイメージがありますが、北海道の気候は全く違います。そのことを踏まえて快適に観光できるように、準備はしっかりと行いましょう。

ページTOPへ

「北海道」周辺の関連記事

このページのTOPへ