北海道に行くときの服装は?【梅雨がなく過ごしやすい!7~8月】

  • 349 |

北海道もいよいよ夏本番です。ヒマワリ畑や富良野のラベンダー、美瑛の丘巡り、十勝ガーデン街道などの花々は一斉に咲き誇り、太陽の光をいっぱい浴びた食物は何でも美味しい季節です。そこで今回は、7月から8月に北海道旅行へ行く際に適した服装をご紹介したいと思います。

http://blog.goo.ne.jp/

北海道には梅雨がないので温度も低く快適な季節

一定期間内に上空で停滞し、その期間中降り続ける雨のことを梅雨と呼びます。シトシトと降り続く雨は、温かい湿度のある暖気がカラっと乾いた冷たい空気とぶつかり合うことで停滞してしまいます。ところが北海道に梅雨前線が到達しても勢力は非常に弱く、停滞する期間はごくわずかの為、梅雨としてカウントされないのです。その為北海道には事実上梅雨がない、ということになりました。それでも雨が降りやすい理由は「蝦夷梅雨」が原因で起こります。これは北海道ならではの雨で、7月の初めから中旬に渡って約10日間から14日間ほど降り続けます。いわゆる「スコール」のようなもので、湿った空気はなくスコールのように降っては止んでを繰り返し、降水量も本州梅雨期間の半分以下なのでさほどではありません。北海道特有でもある蝦夷梅雨は存在しますが、梅雨前線による梅雨はないので、とても過ごしやすい期間ではあります。

半袖・ノースリーブなど夏の服装で快適に過ごせる

※気象庁データより

7月から8月の陽気は暖かく、東京のようにじめっと湿度がないのが北海道の特徴です。 風をさえぎる建物が少ない地区は特に湿度が低く、半袖やノースリーブなどで観光が可能です。ただし山間部やフラワー鑑賞などに行かれる際は、虫よけ対策をしっかりとしていきましょう。

本州同様で熱中症には注意を

熱中症を引き起こす原因は環境と身体の状態にあります。暑くなると身体の水分が急激に奪われて塩分のバランスが崩れたり、気温が高い環境下で体温調整機能が狂ったりすることで熱中症を引き起こすようです。涼しいレストランなどで休憩した後、急に日差しの強い野外へ出た時・風通しの悪い室内・体育館・実はトイレも熱中症を引き起こしやすいです。 観光から戻って駐車場に泊めておいたレンタカーの車内も要注意です。以上の場所はどうして注意しなければならないかは、全て「風通しの悪い場所、弱い場所」だからです。風が通らない場所には熱がこもりやすいので、特に意識しましょう。 対策としては、風通しの悪い室内は首に巻くアイスノンや冷却スプレーを使用し、急激に体温が上がらないようにします。日差しの強い日のトイレは野外を使用しない、車はエンジンをかけて冷房が効くまで乗らない、窓を全開にする、観光に行く前に少しだけ窓を開けておくなどでたいぶ違ってきますので、ぜひお試しください。

以上いかがでしたでしょうか? 気温の差はあっても夏は夏。しかも夏の期間は北海道の花やイベント真っ盛りです。 快適に楽しく観光できるように、服装や熱中症対策を万全にして最高の思い出を作りましょう。

ページTOPへ

「北海道」周辺の関連記事

このページのTOPへ