北海道に行くときの服装は?11月・12月は本格的な冬支度で出かけよう!

  • 1091 |

北海道の11月は最低気温が氷点下を下回る地点がほとんどとなり、11月下旬から12月にかけて本格的に雪が降り始めます。この時期の観光にはしっかりとした冬支度が必須です。ここでは11月~12月の北海道観光におすすめの服装を紹介します。

http://tsuiteru-happy-life.seesaa.net/

トップスはウール素材や厚手のコットンを重ね着!

トップスはウール素材や厚手のコットンを重ね着するのがよいでしょう。観光施設や地下鉄・バスなどは暖房がしっかりときいているため、屋外とは温度差が大きくなっています。脱いだり着たりするのが楽な服を何枚か重ね着しておくと温度調整がしやすくなり、汗をかいたり冷えたりすることを防げます。一番上にはダウンジャケットやコートを羽織るのがよいでしょう。また大き目のカバンを持っていると、脱いだ上着やマフラー、手袋などをしまえるので便利です。折りたたみ式のサブバックを持つのもおすすめ。

ボトムは起毛素材やコーデュロイなど冬服の素材のものを!

ボトムは起毛素材やコーデュロイなど、冷たい風を通さない素材のものを用意しましょう。丈の短いパンツやスカートをはく場合は、レギンスやタイツなど合わせて素肌を露出しないようにすると温かさを保てます。レギンスやタイツもヒートテックや厚いもの(80デニール以上)を選ぶようにするとよいでしょう。

足首を冷やさないように長めの靴下がオススメ

寒さは体の末端からやってきます。手袋やマフラー、靴下を着用して冷えをガードしましょう。とくに足元は気づかないうちに冷えていることが多く、体調を崩す原因になります。普段より長めの靴下を履いて、足首を冷やさないよう気をつけましょう。また雪の中を歩いても大丈夫なように、滑り止めのある靴を履くことも重要です。道内のコンビニエンスストアやドラッグストアには貼り付け式や着脱式の滑り止めが販売されているので、利用してみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか?11月~12月は、エゾシカ猟が解禁となり、各地でジビエ料理を堪能することができます。ししゃもや新巻鮭も美味しいシーズンとなり、この時期の北海道は食いしん坊にはたまらない観光スポットです。しっかりと防寒して、思う存分楽しみましょう!

ページTOPへ

「北海道」周辺の関連記事

このページのTOPへ