札幌から小樽への移動はどれが便利?JR、バス、レンタカーを徹底比較

  • 101627 |

札幌と小樽の間は距離にして40kmほど。北海道に旅行に行けば、札幌にも小樽にも足を伸ばそう、という方はたくさんいます。移動の手段もバス、電車、車と、さまざまに選ぶことができますが、どの移動手段を選ぶのがベストなのでしょうか。JR、バス、レンタカーを使って札幌~小樽を移動する場合について比較してみました。

city.otaru.lg.jp

札幌~小樽をJRで移動する場合

鉄道を利用する場合は函館本線「快速エアポート」か、区間快速「いしかりライナー」を利用するのがおすすめです。北海道の鉄道事情から比べると、札幌・小樽間はとても本数が多く、不便を感じることはありません。「快速エアポート」は32分、「いしかりライナー」は最速で39分ほどで両都市間を結びます。バスやレンタカーと比較しても一番早く移動することができます。快速は普通列車よりも速いですが、追加の料金などは不要で利用できます。
ちなみに札幌~小樽間を普通列車で移動した場合は50分ほどかかります。快速に抜かされることも多いため、先に発車する普通列車よりも後から発車する快速に乗ったほうが無難です。

「快速エアポート」を使いこなそう

「快速エアポート」は千歳空港までを結ぶ路線ですので、空港から札幌を通り越して先に小樽に行く、というルートも検討できるでしょう。運賃は札幌~小樽の片道が640円。券売機で切符が買えるほか、千歳空港や札幌からはICカードの「Kitaca」も使えます。基本は自由席ですが、絶対に座りたい!という人は、指定席券を買って「Uシート」と呼ばれる指定席に乗ることをおすすめします。

小樽で遊ぶなら「小樽フリーきっぷ」もおすすめ

小樽市内をバスで移動しようと考えている人には、「小樽フリーきっぷ」もおすすめです。札幌~小樽の往復の乗車券と、おたる市内線バスの一日乗車券がついています。フリーきっぷの料金は1,940円。通常の往復運賃は1,280円、1日乗車券は750円なので、別々に購入すると2,030円です。バスに乗ることが決まっているなら、小樽フリーきっぷのほうがお得です。

札幌から小樽に向かう際は、ぜひ車窓の景色も楽しんでください。石狩湾の海岸線がとても美しいルートです。

札幌~小樽をバスで移動する場合

札幌小樽間の高速バスはJR北海道バスと北海道中央バスの2社によって運営されています。運賃は610円と電車での移動よりも安いですが、高速経由で所要時間が65分程度かかりますので、単に都市間の移動だけを考えれば、利便性は電車にはかないません。
ただ、円山経由、北大経由、望洋台経由の3つの経路がありますので、経由地に目的地がある場合などは便利でしょう。例えば、小樽駅前から乗り換えなしで、道立近代美術館や時計台前まで行くこともできます。

札幌~小樽をレンタカーで移動する場合

小樽札幌間を車で移動する場合の所要時間は、札幌自動車道経由で50分程度。一般道を使うと、1時間10分程度です。高速料金は800円ほど。ガソリン代もかかりますし、時間や料金を考えると電車のほうが利便性が高いという感じもしますが、レンタカーを利用する場合は公共交通のルートから離れて郊外まで足を延ばしたり、時間に縛られず移動もできますので、電車やバスとの単純な比較もできません。
例えば、札幌から小樽へ行き、小樽市郊外まで足を運ぶために小樽駅でレンタカーを借りる、ということを考えるのであれば、札幌で車を借りてしまうほうが、お金や時間を無駄にしないで済むでしょう。

ページTOPへ

「札幌」周辺の関連記事

このページのTOPへ