小樽市総合博物館・鉄道マニアなら一見の価値あり! 中学生以下は無料、プラネタリウム上映あり

  • 989 |

北海道の鉄道発祥の地である小樽市の旧手宮駅、手宮機関区の跡地に作られた「小樽市総合博物館」は、鉄道系の博物館施設の広さでは日本一の規模を誇ります。施設は、本館と少し離れた場所に運河館があります。北海道で活躍した機関車やディーゼルカー、除雪車など50両もの鉄道車両が展示されています。 

http://tukida.at.webry.info/

小樽市総合博物館の魅力

館内に入ってすぐのホールでは、クラシカルな機関車「しづか号」が出迎えてくれます。ドームシアターでは、季節の星座の紹介や、ドームスクリーンを利用したデジタルプラネタリウム投影が行われています。土・日・祝の午後に開催される「チャレンジラボ」は、誰でも気軽に実験や工作体験に参加できます。館内外には、貴重な車両や鉄道の資料が豊富にあります。中でも館内の鉄道資料の説明は、とても手が込んでいて読み応えがあります。屋外ではアメリカ製の蒸気機関車「アイアンホース号」に無料で乗車することができます(運行は夏期期間のみ)。

別館の運河館

こちらは、明治時代に建てられた倉庫を再利用した建物で、第1展示室では小樽の歴史や物資流通、小樽が発展するきっかけとなったニシン漁について紹介されています。第2展示室では、小樽に生息する動植物の姿が“ジオラマ”で再現されており、豊かな自然について学ぶことができます。また、年末にはもちつきや、そり遊びなど伝統的な行事や文化に親しむことができるイベントが開催されています。

小樽市総合博物館へのアクセス

【本館へのアクセス】
小樽駅前からバスで正面入り口に向かう場合は、小樽駅前のバスターミナル3番のりばから、高島3丁目経由「小樽水族館」行き(系統番号10番)に乗車し、「総合博物館」で下車します。所要時間は約10分です。
※経由地が違うと「総合博物館」を通りませんので注意が必要です。
または、樽石ビル前のバス停「小樽駅前」から、高島3丁目行き(2番)に乗車し、「総合博物館」で下車します。

小樽駅前から手宮口へ向かう場合は(手宮口は冬期間閉鎖しています)、小樽駅前バスターミナル3番のりばから、小樽水族館行き(10番、11番)に乗車し「手宮」で下車します。所要時間は約10分です。
または、樽石ビル前の「小樽駅前」から手宮行き(3番、33番)に乗車し「手宮」で下車します。
 
運河館から正面入り口へ向かう場合は、バス停「中央通り」から高島3丁目行き(2番)または、高島3丁目経由水族館行き(10番)に乗車し「総合博物館」で下車します。
※経由地が違うと「総合博物館」を通りませんので注意が必要です。
または、「北運河」沿いの遊歩道を歩き、約20分(1.5キロメートル)で到着します。

【運河館へのアクセス】
小樽駅から運河館へは、小樽駅より小樽運河方向へ、徒歩約10分です。
 
本館から運河館へは、「総合博物館」から路線バスに乗車し「中央通り」で下車します。小樽運河方面に徒歩約7分です。
または「北運河遊歩道」を歩き、約20分(1.5キロメートル)で到着します。
※バスの時刻は北海道中央バスのHPでご確認下さい。

駐車場
本館正面入り口前に150台(無料)、運河館に20台(無料)あります。 
※手宮口に駐車場はありません。
※運河館の駐車場は、入り口から約100メートル西にあります。

スポット詳細

名称:小樽市総合博物館
所在地:北海道小樽市手宮1丁目3番6号
本館の休館日:火曜日(祝日の場合は翌日)、運河館は無休です。
※年末年始(12月29日から1月3日)は本館、運河館共に休館します。
※上記以外に臨時休館する場合があります。
開館時間:9:30~17:00(本館・運河館とも)
料金:中学生以下無料
本館:一般400円(冬期300円)、高校生・市内在住の70歳以上の方200円(冬期150円)
運河館:一般300円、高校生・市内在住の70歳以上の方150円
※団体利用(20人以上)の方は2割引です
※身体障害者手帳などお持ちの方、およびその介護者の方は無料です
※特別展などの場合には、別途特別料金を設けることがあります

共通入館料:
本館、運河館、重要文化財旧日本郵船株式会社小樽支店のうち2館に入館できます(二日間有効)
一般500円、高校生・市内在住の70歳以上の方250円
手宮洞窟保存館にも入館できます(有効期間内に限る)

年間パスポート:
本館、運河館、重要文化財旧日本郵船株式会社小樽支店に何度でも入館できます(一年間有効)
一般1,000円、高校生・市内在住の70歳以上の方500円
手宮洞窟保存館にも入館できます(有効期間内に限る)
電話番号:0134-33-2523
公式サイト:http://www.town.akkeshi.hokkaido.jp/kaiji/
http://www.city.otaru.lg.jp/simin/sisetu/museum/
Facebook:https://www.facebook.com/otaru.museum

 

ページTOPへ

「小樽」周辺の関連記事

このページのTOPへ