遊び方は無限大! 「日本モンキーパーク」で子供から大人まではっちゃけよう!

  • 415 |

愛知県犬山市にある「日本モンキーパーク」は、小さな子供が乗れる乗り物から、山の中を駆け抜ける絶叫マシンまで、約30種類以上のアトラクションが充実しています。季節ごとに変わるイベントやキャラクターショーが多数あり、身近に楽しめるテーマパークとなっています。 

http://chocomaru.exblog.jp/

日本モンキーパークの魅力

園内にはメリーゴーランドやゴーカートなど、小さな子供が遊園地デビューするのに相応しい乗り物が沢山あります。中でもアンパンマンたちがミニゴンドラに乗る「アンパンマンハッピースカイ」や、ふわふわ遊具・跳び箱、幼児向けのロッククライミングで遊べる屋内施設「わくわくモンキッズ・ジム」など、笑顔がはじける親子の姿が多く見られます。ゴリラがみんなを乗せて走る「モンキーコースター」は、速度が遅めなので絶叫系が苦手な人でも安心。逆にスリルを求めている人には、山の中を駆け抜ける「ハイウェイコースター」や水に向かって真っ逆さまに落ちる「キャニオンスプラッシュ」がオススメです。その他にも小型飛行機や観覧車、お化け屋敷などもあります。夏場には期間限定で、屋外レジャープール「水の楽園 モンプル」がオープンします。また、飼育展示種数が世界最多(約70種900頭)のサル類の動物園も大人気。それぞれのサルの特徴を活かした展示となっており、様々なサルをじっくりと観察することができます。

ひらめきアスレチック・ダビンチピンチ

頭と体を目いっぱい使って遊ぶ知育型アトラクション「ダビンチピンチ」は、20種類のユニークなアスレチックから構成されています。自分自身の直観や、時にじっくり考えながら遊び方を見つけ、進んでいくので楽しみ方は無限大です。

出現!妖怪ウォッチランド


最近「妖怪ウォッチランド」がオープンしました。妖怪ウォッチのストーリーをそのままに、ゲスト自身が主人公となって「ちょっと不思議な日常」を体験することができます。ドキドキ、ワクワクの旅に出て、アトラクションをクリアすれば、ご褒美としてプレゼントがもらえます。

日本モンキーパークへのアクセス

日本モンキーパークへは、早くて便利な公共交通期間のご利用をオススメします。
電車をご利用の場合は、新幹線で名古屋で乗換え、名鉄「名古屋駅」より犬山線特急で27分、「犬山駅」で下車「犬山駅」東口より、岐阜バス(日本モンキーパーク行き)に乗り約5分です。電車料金(片道)は、名鉄「名古屋駅」から「犬山駅」まで大人550円、小児280円です。バス料金(片道)は、大人170円、小児90円です。
自家用車をご利用の場合は、名神高速道路「小牧I.C.」及び、名古屋高速道路・小牧線「小牧北I.C.」から国道41号線経由で約20分です。
中央自動車道「小牧東I.C.」からは、尾張パークウェイ経由で約10分です。

スポット詳細

名称:日本モンキーパーク
所在地:愛知県犬山市官林26
休園日:不定休

営業時間:
3月1日~7月中旬・9月1日~10月31日:平日10:00~17:00、土日祝9:30~17:00
7月中旬~8月31日:全日9:30~18:00
11月1日~11月30日:平日10:00~16:30、土日祝9:30~16:30
12月1日~12月末日:全日10:00~16:00
1月1日~2月末日 平日10:00~16:00、土日祝10:00~16:30

入園料:おとな(中学生以上)1,100円、こども(2才以上)600円
※世界サル類動物園への入園には別途入園料が必要です。
夏期限定(7/4~9/11販売)ワンデーパスポート(入園+のりほうだい券):
大人(中学生以上)2,900円(通常:3,500円)、小学生2,500円(通常:3,000円)、幼児(2才以上)1,900円(通常:2,300円)

のりもの料金(園内チケットボックスにて販売):
夏期限定のりほうだい券(7/4~9/11) 大人・小学生 1,900円(通常:2,900円)、幼児(2才以上)1,300円(通常:2,200円)
のりもの回数券 2,000円(2,200円分)
のりもの券(単券)100円、200円、300円、400円、500円

コンビニ前売り券・入園料:おとな(中学生以上)1,100円、こども(2才以上)600円
公式サイト:http://www.japan-monkeypark.jp/

ページTOPへ

「犬山」周辺の関連記事

このページのTOPへ