木製コースターに乗ってみよう!城島高原パークで大人も子供もみんな笑顔に!

  • 562 |

大分県にある「城島高原パーク」は、様々なアトラクションやイベントが揃うレジャー施設です。大人も大興奮の絶叫アトラクションから、子供に人気の「おもちゃ王国」まで、様々な年齢に合わせた楽しみ方を提供しています。今回は、そんな大分を代表する遊園地「城島高原パーク」の楽しみ方をご紹介します! 

http://situurakai.seesaa.net/

城島高原パークの魅力

30種類以上のアトラクションをもつ「城島高原パーク」は、大人から子供まで楽しめる要素が満載です!
大人向けのアトラクションとしては、パークを代表する木製コースター「ジュピター」をはじめ、地上40mからの垂直落下スリルを味わえる「ニュートン」、春には桜が咲き乱れる中を1回転宙返り2回ひねりの荒業をしてくれる「スーパーL&Sコースター」など、ジェットコースター好きをも唸らせるものもたくさんあります。
子供たちには「おもちゃ王国」が大人気!おもちゃのテーマパークである「おもちゃ王国」は、「城島高原パーク」内にあり、雨でも利用可能なパビリオンの中で、たくさんのおもちゃから好きなものを選んで遊ぶことができます。「ままごとハウス」では、ママと一緒にままごとをする子供たちの姿が。ママが教えてあげてもいいですね。男の子には「アクションゲームワールド」が人気。シューティングゲームでモンスターを親子でやっつけましょう!
そのほか、イベントでは「ニンニンジャー」のショーがあります。毎週日曜祝日に開催されており、ヒーローたちと写真を撮ることもできますよ。オリジナルキャラクターショーなので、ほかの遊園地では見ることができないのも魅力のひとつ!

木製コースター「ジュピター」

日本初の木製コースターである「ジュピター」は1992年に完成しました。もちろん現役で、いまもなおアトラクションの人気No.1です。6万本のマツが使われている「ジュピター」は、もはやアートの域にあるといっても過言ではない壮麗さ。夜間営業時のライトアップでは、その美しさに見とれてしまうことでしょう。
乗り物としても人気で、木製ならではの振動やきしみがスリルを煽ります!

城島高原パークへのアクセス

車を利用する場合は、「湯布院インターチェンジ」から県道11号線で15分。または「別府インターチェンジ」からも県道11号線で15分で到着します。
バスを利用する場合は、別府駅西口ターミナルから亀の井バスに乗り、「城島高原パーク前バス停」で下車します。35分ほどかかります。
電車を利用する場合は、最寄り駅「別府駅」で下車し、そこから上記の亀の井バスに乗るか、タクシーを利用します。タクシーの場合は、約25分で到着します。

スポット詳細

名称:城島高原パーク
所在地:大分県別府市城島高原123
定休日:不定休
営業時間:10:00~16:00(時期による変動あり)
入園券:大人(中学生以上) 1500円
    小人(3才~小学生) 600円
    高齢者(60~69才、要証明) 600円
    ※2才以下・70才以上の高齢者(要証明)無料
公式サイト:http://www.kijimakogen-park.jp/

ページTOPへ

「別府温泉・別府市」周辺の関連記事

このページのTOPへ