池袋から30分。川越氷川神社で、最強の縁結びアイテム「縁結び玉」をゲットしよう

  • 2955 |

都心から電車で30分、蔵造りの街並みで知られる小江戸・川越に、縁結びのご利益で有名なパワースポット「川越氷川神社」があります。恋愛に関する縁はもちろん、家族、仕事関係、友達と、さまざまなご縁をつないでくれるこの神社では、1日20個限定で最強の「縁結びお守り」がもらえます。気になる最強のお守りについて、詳しくご紹介します。
恋に、仕事に、人間関係に悩んだら、縁結びの神様に会いに行きませんか?

http://arihana.sakura.ne.jp/

川越氷川神社とは?

川越の総鎮守でもある川越氷川神社は、今から1500年前、古墳時代に創建されたと伝えられています。お祀りされている祭神は五柱。これらの神々がみな家族であること、2組のご夫婦神様が含まれていること、そして、出雲大社にも縁結びの神様として祀られている大己貴命(おおなむちのみこと)が含まれていることが、川越氷川神社が『最強の縁結びの神様』といわれる理由です。

早起きして手に入れたい「縁結び玉」

川越氷川神社では、昔から境内の白い小石を持ち帰ると良縁に恵まれるという言い伝えがありました。その白い小石を、巫女さんが一つひとつ麻網に包み神職がお祓いをしたものが「縁結び玉」です。1日20体限定で授与される貴重なものです。朝8:00から授与されますが、この「縁結び玉」はなんと無料です。休日ともなると、この縁結び玉を目当てに早朝から人が並ぶこともあるので、手に入れたい人は、がんばって早起きしてくださいね!

「良縁祈願祭」で「縁結び玉」を手に入れる

毎月2回、縁起がよい末広がりの8日と第4土曜日、8時8分から「良縁祈願祭」が行われます。この良縁祈願祭に初穂料を納めて参列すると、お目当ての「縁結び玉」をはじめ、お札や絵馬や縁結守などのお守りが授与されます。こちらは予約不要、人数制限もありません。参列希望者は、当日7:50までに受付を済ませましょう。

独特のお祓い「人形(ひとがた)流し」にも挑戦

「人形(ひとがた)流し」という言葉をご存知でしょうか?これは、人の形をした紙を体の具合の悪い箇所にこすりつけて流すと、悪い部分が治癒するというおまじないです。
大鳥居をくぐり境内に入ってすぐ左手、「御神水」から流れる小さな川で、人形1体につき100円でこの人形流しができます。まずは人形を手にとって3回息を吹きかけ、次に体の具合の悪い場所にこすりつけて厄や穢れを人形に移し、「祓いたまえ、清めたまえ」と唱えながら水に流しましょう。気持ちがスッキリし、心が軽くなるかもしれません。

参拝後はおしゃれカフェでくつろごう

参拝と散策を終えてちょっと休憩したくなったら、神社に隣接する氷川会館の中にある「むすびcafe」へ。白木をふんだんに使った明るくてお洒落な空間で、ランチやスイーツ、良縁祈願祭の日には朝食もいただけます。
ランチや軽食もおすすめですが、ここに来たならぜひ食べておきたいのが「むすびロール」というロールケーキ。ロールケーキの渦巻き模様には「外側から内側へたどるほど近づく」というしあわせな意味があります。生地とクリームには上質な和三盆糖が使われていて、もちろん味も絶品です。

最強の縁結びアイテムをゲットして、厄を水に流して、開運スイーツをいただいて。明日からまた、いいことがありそうですね。

スポット情報
名称:川越氷川神社
住所:埼玉県川越市宮下2-11-3
アクセス:JR川越線川越駅から東武バス埼玉医大行きまたは川越運動公園方面行きで10分、宮下町下車すぐ
営業時間:境内自由(社務所は8:00~18:00)
定休日:無休
公式サイト:http://www.kawagoehikawa.jp/

■むすびcafé
住所:埼玉県川越市宮下町2-11氷川会館1F
営業時間:10:00~18:00
定休日:不定

ページTOPへ

「川越」周辺の関連記事

このページのTOPへ