「EDOWONDERLAND日光江戸村」で、江戸の世界にタイムスリップ!

  • 1833 |

栃木県日光市にある「EDOWONDERLAND日光江戸村」は、江戸時代の街並みを再現したテーマパークです。建物も、そこに暮らす人も江戸時代の姿で、まるで江戸時代にタイムスリップしたような気分なれます。海外の観光客からも人気を集めている日光江戸村で、江戸人になりきってみませんか。

日光・鬼怒川観光のおすすめ情報

 

http://kobu.blog.jp/

EDOWONDERLAND日光江戸村とは

EDOWONDERLAND日光江戸村は、15万坪の広大な敷地の中に、江戸時代中期の町並みを再現したテーマパークです。入り口の関所から始まり、宿場町、商家街、武家屋敷、忍者の里などの建物が詳細に再現されています。建物だけでなく、園内で働く人たちも全て着物を着た江戸人という徹底ぶりで、江戸時代に迷い込んだような体験を楽しめます。
それぞれの施設では侍体験、弓道体験、大人人じゃ体験、藍染体験など、さまざまな体験ができます。子供向けには「江戸職業体験」のコースがあり、岡引体験、忍者体験、剣術体験など、史実に沿った本格的な体験コースがあり、人気を集めています。
場内には各所に舞台が用意され、水芸や花魁道中、大忍者劇場、江戸ワンダーランドのキャラクターニャンまげの「ニャンまげ劇場」など、さまざまな芝居上映も行われます。

「江戸ワンダーランド日光江戸村×戦国BASARA

戦国武将が活躍するアクションゲーム「戦国BASARA」とコラボレートした夏のイベント企画「戦国BASARA宝探し 日ノ本一の宝玉伝」が、1012日まで開かれています。巻物型の宝の地図を使って、実際に施設内に隠された宝を探す体験型イベントです。
イベントの詳細はこちら→リアル宝探しに挑戦しよう!日光にある江戸ワンダーランドで「戦国BASARA宝探し」開催中

EDOWONDERLAND日光江戸村へのアクセス

電車で行く場合は東武鉄道、鬼怒川温泉駅が最寄り駅です。鬼怒川温泉駅は「東武浅草駅」から直通していて、JR「新宿駅」「池袋駅」「大宮駅」から直通特急「きぬがわ号」「スペ―シアきぬがわ号」を利用することもできます。
鬼怒川温泉駅からは、路線バス「日光江戸村行き」乗って25分ほどです。駅からタクシーの場合は10分程度で到着します。日光東照宮前の「富士屋観光センター」から無料の送迎バスも出ています。
自動車の場合は、東北自動車道(宇都宮IC)より日光宇都宮有料道路・今市ICを出て国道121号線を鬼怒川温泉方面へ15分ほど。または、日光宇都宮有料道路の土沢ICを出て、一般道を25分ほどです。

施設詳細
名称:EDOWONDERLAND日光江戸村
所在地:栃木県日光市柄倉470-2
定休日:毎週水曜日、12月8日1221日 ※祝日/春期(325日~47日)、ゴールデンウィーク(429日~55日)、夏期(721日~831日)、年末年始(1229日~15日)は水曜日も営業
営業時間:9:0017:00 3月20日11月30日)、9:3016:00 12月1日3月19日
料金:大人 個人4,700円 団体4,000円、小人 個人2,400円 団体…2,000
   14時以降の入村 大人 個人4,100円 団体3,500円、小人 個人2,100円 団体1,900
公式サイト:http://edowonderland.net/

 

ページTOPへ

「日光市・日光東照宮周辺」周辺の関連記事

このページのTOPへ