世界遺産のミニチュアが45点!見応え満点の栃木・日光「東武ワールドスクエア」へ行こう

  • 6470 |

栃木県日光市にある「東武ワールドスクエア」は、世界中の様々な遺跡や建物を再現したミニチュアが展示されているテーマパークです。ミニチュアなので、全体を見下ろすことができたり、普通では絶対見ることができない部分を詳しく観察できたり、本物を見に行くのとは全く違った視点で楽しむことができるのが特徴です。ここでは、東武ワールドスクエアの見どころを紹介します。

日光・鬼怒川観光のおすすめ情報

http://to-yukko-from36.at.webry.info/

東武ワールドスクエアの見どころ

東武ワールドスクエアは、南米を除く5大陸の有名建造物を25分の1スケールの精巧な模型にして展示しているテーマパーク。展示されているミニチュアのうち45点は世界遺産のものだったり、展示作品の中には高さが20m以上のものもあったりで、見応え抜群となっています。

現存しない建造物もミニチュアで鑑賞可能!

東武ワールドスクエアでは、現存しない有名建造物も多数存在しています。例えば、アメリカの「ワールドトレードセンター」。かつてニューヨークの象徴的建物であったこのビルのミニチュアには、ビル崩壊の原因となった2001年の同時多発テロについて伝えるプレートが添えられています。
また、改装される前の「帝国ホテル」のミニチュアもあります。「近代建築の三大巨匠」として名高い建築家のフランク・ロイド・ライトの設計によるものでした。この建物は震災にも空襲にも耐えましたが、高度経済成長期の真っ只中に改修のため取り壊されてしまいました。ミニチュアで眺めると、平等院鳳凰堂の全体モチーフがよくわかるほか、古代を思わせる幾何学的な装飾も再現されています。

世界遺産「サグラダ・ファミリア」は建設途上の様子まで再現!

2026年完成予定で、未だ建設途上で有名な世界遺産のサグラダ・ファミリア。「東武ワールドスクエア」では、建設途上の様子も含めて、忠実に再現されています。
サグラダ・ファミリアは、聖書の内容を綿密に表現した装飾が見所のひとつなのですが、「東武ワールドスクエア」では、その装飾まで細かく再現しています。本物なら壮大な建物を見て周るうちに、全体像を見失ってしまいそうですが、模型なので全体を確認できるのが嬉しいポイントです。

ミニチュアでも20m超!「東京スカイツリー」や「台北101」は必見!

東武ワールドスクエアには、東京スカイツリーなどの超高層建造物のミニチュアもあります。これらはミニチュアと言ってもかなり巨大。スカイツリーは25mの高さにも及び、園内のほとんどの場所から見ることができます。
また、2015年10月5日から台湾のランドマーク的存在である超高層ビル、台北101のミニチュアの公開が始まります。2007年まで世界最高の高さを誇るビルだった台北101。高さ21mのミニチュアとして再現されます。独特の形、ぜひ近くで観察してみてください。

東武ワールドスクエアへのアクセス

電車でのアクセス
東武線「鬼怒川温泉駅」が最寄りです。駅からは「東武ワールドスクエア」行きのバスが出ています。東京から電車でアクセスする場合、特急列車が便利です。
車でのアクセス
東京からの場合、東北自動車道~宇都宮IC~日光宇都宮有料道路~今市ICの経路が便利です。道路状況によっては、日光宇都宮有料道路を土沢ICで降りて、一般道路で目的地を目指すのも選択肢のひとつです。

■スポット詳細
名称:東武ワールドスクエア
所在地:栃木県日光市鬼怒川温泉大原209-1
定休日:年中無休
営業時間:3月20日~11月30日……9:00~17:00 /  12月1日~3月19日……9:30~16:00
料金:当日券……中学生以上2,500円・小学生以下1,200円 / 前売券……中学生以上2,200円・小学生以下1,000円
公式サイト:http://www.nasuhai.co.jp/

 

 

ページTOPへ

「日光市・日光東照宮周辺」周辺の関連記事

このページのTOPへ