五反田文化センター アクセスやプラネタリウム情報を徹底解説

  • 748 |

五反田文化センターは学習室や音楽ホールなどを備えた、品川区民が利用する一般的な文化施設ですが、なにより5階に作られたプラネタリウムが人気なことで知られています。このプラネタリウムを中心に施設を紹介しましょう。

http://hyugagogo.exblog.jp/

五反田文化センターとは

五反田文化センターは品川区にある5つの文化センターのひとつ。プラネタリウムのほかにも、講習室や学習室、スタジオ施設や、250人収容の音楽ホールなども備えています。建物の2階は五反田図書館となっており、およそ八万冊の図書を収蔵します。
2010年にリニューアルしたプラネタリウムは特に人気の施設です。ドームスクリーンの直径は12メートル。6.5等級の恒星まで、およそ6500の恒星を映し出す、明るさや色の再現性に優れた光学式投影機と、360度映像を映し出すことができる、全天デジタル映像システムとによるハイブリッド型の投影システムが搭載されています。座席数86席のうち、ファミリーシート(ペアシート)も8席16人分用意されています。
プラネタリウムの上映は土曜日、日曜日、祝日の午前11時、午後1時30分、午後3時30分の3回。毎月第2土曜日の第3回目(午後3時30分から)は、特別講師による「星空ゼミ」も開催され、著名なプラネタリウム解説員や若手研究者などさまざまなジャンルの講師が、宇宙についての最先端の情報を生で解説してくれます。また屋上の観望会スペースでは、月1回、天体望遠鏡を使った天体観測会も開催されます。観測会では、まずプラネタリウムで観察する星について学習をし、その後に実際の月や惑星を望遠鏡で観望します。(定員80名、往復はがきでの申し込みが必要です)

五反田文化センターへのアクセス

電車を利用される場合は、「五反田駅」より徒歩13分、または東急池上線「大崎広小路駅」より徒歩10分、東急目黒線「不動前駅」より徒歩10分ほどです。バスを利用される場合、東急バス 渋72(渋谷駅東口~恵比寿駅~五反田駅)に乗り「荏原一丁目」下車、徒歩5分ほどです。駐車場は建物北西側に8台分ありますが、満車で使用できない可能性もありますので、公共交通機関のご利用をお勧めします。


名称:五反田文化センター
所在地:東京都 品川区 西五反田6-5-1
定休日:毎月第4月曜日・年末年始
営業時間:開館時間
文化センター
[月曜~土曜] 8:30~21:30
[日曜・祝日] 8:30~17:00
プラネタリウム(土・日・祝営業)
(1)11:00~ (2)13:30~ (3)15:30~ 各回約50分
料金:プラネタリウム入場料 
大人200円、
4歳から中学生50円
3歳以下無料(ただし、座席を利用する場合は50円)
公式サイト:http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000000400/hpg000000314.htm

ページTOPへ

「品川」周辺の関連記事

このページのTOPへ