北の丸公園 「科学技術館 シンラドーム」大迫力の3D映像を堪能!

  • 377 |

東京・北の丸公園の科学技術館のシンラドームは、一見するとプラネタリウム施設のように見えますが、中身は全然違います。なんと直径10メートルのドームスクリーンで全天周の3D映像を見ることができるのです。

http://beyond-spaceart.net/

科学技術館 シンラドームとは

2008年にオープンしたシンラドーム。名前は「森羅万象」に由来して付けられました。この名前の通り、銀河の世界から生命の神秘まで、さまざまな世界を立体映像システムによって映しだすことができる装置です。普通のプラネタリウムであれば、ドームスクリーンの真ん中に投影機が置かれていますが、シンラドームの中央には投影装置はありません。その代わりに周囲6か所に合計12台のプロジェクタを配置し、そこから映し出される映像をシームレスにつなぎ合わせて立体を描きだします。この設備によってドームスクリーン全体から、映像が飛び出して区量な大迫力の映像を見ることができます。
放映される番組は人体のゲノム(DNA)の謎に迫る「セントラルドグマ」やオリジナル宇宙映像を見ることができる「コズミック・ディスカバリー」などさまざまで、日曜日から金曜日までは15分ほどの番組が1日8回放映され、そのうちの3回が立体投影となります。

科学ライブショー「ユニバース」

毎週土曜日の午後に行われる科学ライブショーです。毎回さまざまな分野の研究者を招き、研究の成果が発表されます。また月に2回程、インターネットを利用してアメリカ・シカゴ郊外にあるヤーキス天文台とのライブ天体観測なども行われます。

科学技術館 シンラドームへのアクセス

東京メトロ、竹橋駅から徒歩約550m、九段下駅からは800m程です。竹橋駅を利用する場合、1b出口より竹橋交差点を渡り「竹橋」を渡って直進、国立公文書館を過ぎてから歩道橋の直前で右側に曲がって進むと右手に科学技術館が見えてきます。九段下駅からの場合は2番出口より日本武道館方面に進み、武道館の前を通り過ぎて北の丸公園内を道沿いに進むと左手に科学技術館が見えます。車を利用する場合は北の丸公園内駐車場を利用してください。シンラドームは科学技術観の4階になります。


名称:科学技術館 シンラドーム
所在地:東京都千代田区北の丸公園2-1
定休日: 水曜日(祝の場合は翌平日休 ※夏休み期間、11~2月は無休)、年末年始
営業時間:9:30~16:50(最終入館は閉館の50分前まで)
料金:科学技術館 入館料
   大人720円
   中学生高校生410円
   子ども(4歳以上)260円
公式サイト:http://www.jsf.or.jp

ページTOPへ

「東京駅・丸の内」周辺の関連記事

このページのTOPへ