東大和市立郷土博物館(府中)アクセスやプラネタリウム情報解説!

  • 304 |

東大和市立郷土博物館は東京都東大和市にある、プラネタリウムの備えられた博物館です。「狭山丘陵とくらし」をテーマにした博物館は建物の中だけでなく、狭山丘陵全体を活動の舞台として、郷土の歴史や民俗、自然などに触れることができます。

http://mag.autumn.org/

東大和市立郷土博物館の魅力

東大和市立郷土博物館のプラネタリウムでは、四季折々に合わせたプログラムや夏休みなどの期間限定の特別プログラム、また幼稚園・保育園向けの幼児プログラムなど様々なプログラムが上映されています。また、プラネタリウム投影機にはプラネタリウムクリエーターとして活躍している大平貴之氏の開発した「MEGASTAR(メガスター)-ⅡB」が使われており、リアリティ溢れる宇宙の世界を楽しむことができますよ。

大人も楽しめるこども向けのプログラム!

東大和市立郷土博物館のプラネタリウムのプログラムには、子ども向けのプログラムも充実しています。夏の子ども向けプログラムは「ぼくらの宇宙旅行~ダーツの旅」。大空博士とロボットの宙太郎と一緒に宇宙へ出かけるのですが、その行き先はダーツで決まります。太陽や金星を始めとして、思いもよらない場所へと出かけられて、大人の方にも楽しんでいただけますよ。

夏の特別番組は夜空の星が武器になった時代の物語!

東大和市立郷土博物館のプラネタリウムで8月1日から8月30日にかけての土曜日・日曜日に放映される夏の特別プログラムは「戦場に輝くベガ~約束の星を見上げて」。天文航法で陸上爆撃機を導く偵察員と航法に必要な計算をする女学生をつないだ約束の星であるベガをメインにした物語で、星と人とをつなぐストーリーは話題作となっています!もちろんプラネタリウムになくてはならない星座解説も同時に行われますよ。

東大和市立郷土博物館へのアクセス

公共交通機関を利用する場合、西武拝島線の東大和市駅から西武バス(イオンモール行き)で八幡神社前にて下車して徒歩およそ2分、都営バス(青梅車庫行き、箱根ヶ崎駅行き)で八幡神社にて下車して徒歩およそ2分、あるいは西武バス(東村山駅行き)で奈良橋にて下車して徒歩およそ7分で着きます。
また、多摩モノレールの上北台駅からちょこバスの循環ルート外回りに乗り郷土博物館入口にて下車して徒歩およそ2分です。

 

ページTOPへ

「福生・武蔵村山」周辺の関連記事

このページのTOPへ