静かなブーム!手作りガラスの魅力とは?

  • 1156 |

最近は、ガラス工芸や手芸、陶芸など、様々な手作りに挑戦する人が増えています。手作りのものって、独特の味わい深さがあってとても愛着がわきますよね。
中でもガラス工芸は、美しいガラス作りに気軽に挑戦できるので、今静かなブームが起こっています。
ここでは、手作りガラスの魅力についてお伝えします。

工場で作ったガラスとは違う独特の”味”

最近では、グラス(コップ)は100円均一でも大量に売っており、安く気軽に買うことができます。
ですが、どれも均質で無機質な印象を受けませんか?
手作りで作ったグラスは、形こそデコボコですが、なぜかそれが”味”があるように見えます。そのデコボコ感のおかげで手になじみやすく、平坦な表面のコップより使いやすく感じつ方も多いはずです。

美しい手作りガラス独特の癒やし効果

手作りガラスは表面がデコボコしていて厚みがあるのが特徴です。
独特の形を見ていると、なんだか癒されるような気がします。
ガラスがデコボコしていると、キラキラとたくさん光を反射するので、工業製品のガラスよりもキレイに見えます。これは手作りガラスでしか表現できない美しさといえるでしょう。
また、いつも使っているガラス製品と違う独特の重さには、安心感があります。手作りガラスでお気に入りの飲み物を飲むと、癒やし効果絶大です。

手作りならではの色合い、1点ものの希少性

日本各地で多くの人が手作りガラス作っていますが、当然のことながら2つと同じものはありません。オリジナリティあふれる作品が多く、人と違う個性的なインテリアを探している方には大変オススメできます。
また、個性的な色合いのものが多く、大量生産の工業製品にはないような作品にたくさん出会うことができます。
インターネット上の手作り作品のマーケットプレイスには、個人の作家さんが出品しているケースも多いので興味のある方は「手作りガラス コップ」などのワードで検索をしてみてください。

ページTOPへ

このページのTOPへ