葛飾 プラネタリウム「プラネターリアム銀河座」アクセスや魅力を解説

  • 565 |
http://gingaza.blog112.fc2.com/

 プラネターリアム銀河座は、東京都葛飾区にある證願(しょうがん)寺に併設された、全国でも珍しいプラネタリウムです。一度の上映の定員は22名で完全予約制。一度の応募は2名までの、プレミアム感があるプラネタリウムです。

プラネターリアム銀河座の魅力

22名完全予約制。プレミアムなプラネタリウムを楽しめる

上映内容はどの回も3部構成です。第1部は「星空解説」。第2部「各月のオリジナル番組」。第3部は「デジタル・プラネタリウム」です。デジタル・プラネタリウムは、地球から宇宙への正確なデジタル全天周システムで、様々な表現が可能です。解像度は2K×2Kの美麗な解像度。ゆったりできる床暖房完備のホールに、座り心地の良い座席でプラネタリウムを静かにと鑑賞できます。大切な人と一緒に過ごしたい、プラネタリウムです。

ドームの中に広がる大宇宙。独特なプラネタリウムもクセになる

投影期間は毎月第1、第3土曜日のみ。9月のプラネタリウム「冥王星やいかに!」の予約は、8月24日の午前12時から午後4時までの間の予約フォーム内で行われました。予約は10歳以上から対象となり、人数は1人から2人までと限られています。予約多数の場合は抽選となり、後日連絡されます。7月のプラネタリウムでは、カメラの移り変わりを考える「カメラのお話」など、独特な視点からアプローチされるプラネタリウムに、リピーターも多数!解説スタッフ男女2名の鋭い解説もここだけです!いつもと違う生解説や、普通のプラネタリウムに飽きてきてしまった方にもオススメ!

プラネターリアム銀河座へのアクセス

京成線の「立石駅」より徒歩5分。または京成線「青砥駅」より徒歩8分。かつしかシンフォニーヒルズ近くの證願寺(ショウガンジ)内にあります。毎月要予約のため、ホームページのメールフォームを参照ください。星の解説と一緒にハープの演奏を楽しめる演奏会の募集も行われていました。

スポット詳細

名称:プラネターリアム銀河座
所在地:東京都葛飾区立石7-11-30 證願寺内
休館日:第1・第3土曜日以外
開館時間:第1・第3土曜日の15:00~15:50
料金:大人 1,000円
   子供(10歳から中学生) 500円
公式サイト:http://www.gingaza.jp/index.html

ページTOPへ

「新小岩・小岩」周辺の関連記事

このページのTOPへ