横浜でアンパンマンの世界が楽しめる!「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」へ行こう

  • 248 |
http://blogs.yahoo.co.jp/

横浜のみなとみらいにある「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール(よこはまアンパンマンこどもミュージアム・アンド・モール)」は、子どもに人気のアニメ「アンパンマン」をテーマとして造られた複合型施設です。参加型のミュージアムのほか、アンパンマンのグッズが並ぶショッピングモール、写真館、キャラクターをモチーフとしたパン屋やレストランなど、一日中飽きることなく遊べるスポットがたくさんあります。

横浜アンパンマンこどもミュージアム&モールの魅力

「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」は、“ミュージアム”と“ショッピング”の二つのエリアに分かれています。
ミュージアムエリアには、“アンパンマンごう”や“バイキンじょう”といった、アンパンマンの世界に出てくる乗り物や町並みと一緒に写真が撮れるスポットや、アンパンマンのおもちゃで遊べるコーナー、アンパンマンの知育ビデオの上映会、アンパンマンとお姉さんの楽しいステージ、アンパンマンの絵が展示されたミュージアムなどの、観て・触って・感じる遊びが勢ぞろいしています。
ショッピングエリアには、アンパンマンと一緒に思い出が残せる写真館のほか、食事や買い物を思う存分楽しむことができるスポットが揃っています。

大人も楽しいショッピングエリア

ショッピングエリアにある食事どころと、お土産屋さんを一部ご紹介します。
「ジャムおじさんのパン工場」では、アンパンマンなどのキャラクターをモチーフにした美味しいパンが勢ぞろいしています。2階にカフェがあり、パンはもちろんオリジナルドリンクやセットメニューでくつろぐことができます。また、こちらでは“げんき100ばい!パン教室”が不定期で行われています。親子でぜひ参加してみてくださいね。
「ドキンズハートシェイプカフェ」は、キュートでポップなアメリカンダイナーです。ドキンちゃんをイベージしたハート型のブレッドや、ハンバーガー、キッズメニューなどが取り揃っています。
「うどんちゃんのやたい」では、本格的な讃岐うどんが食べられます。お子様うどんを注文するとオリジナルのどんぶりを持ち帰ることができます。限定品ですので、ぜひ手に入れてくださいね。
「バタコさんの手づくりハウス」は、オリジナルの手芸キットに名前を入れて、自分だけのグッズが作れるお店です。家でもできるキットがたくさんありますので、ハンカチやバッグなど、オリジナルのアイテムを家族で作ってみてはいかがでしょうか。
「アンパンマン キッズコレクション」には、アンパンマンのベビー・子供服、衣料雑貨などが常時120種類以上置かれています。おしゃれで品質にこだわった洋服が多数ありますので、子どもだけでなく、大人も夢中になれそうなファッションショップとなっています。

横浜アンパンマンこどもミュージアム&モールへのアクセス

電車を利用する場合、みなとみらい線、もしくは、横浜市営地下鉄ブルーラインの「新高島駅」が最寄りとなります。駅から徒歩7分で到着します。
車で行く場合、首都高横羽線の「みなとみらい」出口を出て、みなとみらい大通りを左折し、2つ目の信号(すずかけ通り西)を左折して、そこから道なりに行くとたどり着きます。駐車場は最初の1時間は520円、それ以降は30分ごとに270円かかります。駐車台数には限りがありますので、休日や夏休み期間など、混雑が予想される日はなるべく公共交通機関を利用することをおすすめします。
“アンパンマンの世界に入ってみたい”という子どもたちの夢を叶えてくれる「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」。ぜひご家族で行ってみてはいかがでしょうか。

ページTOPへ

「横浜・みなとみらい」周辺の関連記事

このページのTOPへ