三重県・伊勢志摩を代表する観光地「おかげ横丁」へ行こう!

  • 1601 |
http://sonynavi.blog.so-net.ne.jp/

三重県伊勢市にある「おかげ横丁」は、江戸時代末期から明治時代初期の門前町の町並みが再現された、人気の観光地です。伊勢神宮へのお蔭参りがブームであった当時の魅力が凝縮されており、老舗の味、歴史や風情、人情を体感することができます。食べ歩きやショッピング、体験教室などが充実しており、老若男女におすすめのスポットとなっております。

おかげ横丁の魅力

おかげ横丁の“おかげ”とは、“お伊勢さんのおかげ”という感謝の意味が込められており、1993年(平成5年)7月16日・第61回神宮式年遷宮の際に開業、命名されました。
約4000坪の敷地内に50余りの店が軒を連ねており、江戸から明治にかけての伊勢路の代表的な建築物や老舗などが、移築・再現されています。入場料はなく、誰もが自由に出入りできます。

文化を楽しむ

おかげ横丁には、様々な文化に触れることのできるイベントや、体験教室が行われています。
旬の食材を求めるなら、市場がおすすめです。毎週土曜日開催の「おかげの市」では、伊勢志摩の季節を感じる旬の海産物や農産物、ふるさとの味を提供してくれます。季節ごとに開催する「料理市」では、伊勢海老、あわび、伊勢いもといった、伊勢志摩の豪華な旬の食材を買うことができます。また、毎月1日には「朔日朝市・朝粥」が行われ、地元の物産が並び、旬の朝粥も楽しむことができます。
見て・聞いて・楽しむイベントも満載です。毎月末日に開催される、上方落語の桂文我さんら中堅・若手の噺家が出演する落語会「みそか寄席」や、感動的な太鼓演奏を聴くことのできる「神恩太鼓」、伊勢神宮などをテーマにした「紙芝居」、旅人をもてなす伊勢の心を伝えてくれる「餅街道ものがたり展」など、どれも魅力に溢れています。

おかげ横丁へのアクセス

公共交通機関を利用する場合、近畿日本鉄道の「宇治山田駅」もしくは、JRの「伊勢市駅」で下車します。そこから三重交通内宮行きのバスに約15分乗り、「神宮会館前」で下車します。下車後、徒歩約1分でおかげ横丁に到着します。
車で行く場合は、伊勢自動車道・伊勢西ICを下り、右折し、国道32号の御木本道路を内宮方面に2~3分走ると、浦田交差点に出ます。そこを左折すると、すぐ右側に「市営浦田駐車場」が見えます。おかげ横丁付近は混雑しますので、「市営浦田駐車場」に駐車することをおすすめします。そこから歩いて、おかげ横丁まで約400m、内宮までは約800mです。

ページTOPへ

「伊勢神宮・伊勢市」周辺の関連記事

このページのTOPへ