入館無料!神奈川県の「相模原市立博物館」で「はやぶさ」を見に行こう!プラネタリウムでも感動!

  • 464 |

神奈川県にある相模原市立博物館は、小惑星探索機「はやぶさ」を送り出したJAXAの本部がすぐ近くにあり、相模原市の地質から歴史、民俗、生物を展示解説する総合博物館です。JAXA本部が近いという地の利を生かし、天文展示室にはJAXAの研究成果の展示がされています。また、プラネタリウムでは「はやぶさ」関連の全天周映画を上映しています。

http://www.shobi.ac.jp/

相模原市立博物館の魅力

県内最大級ドームで、迫力ある星空や全天周映画を鑑賞しよう!

プラネタリウムの番組は当日夜に見られる星座を紹介、解説する「星空案内」と「テーマ解説」の二部構成。県内最大級の直径23mドームいっぱいに広がる星々と共に約40分のスタッフによる解説を楽しめます。なお、「全天周映画」には星空解説はありません。夏休み期間中の上映内容は、午前11時から「こどもプラネタリウム ワクワクさがぽん! 惑星めぐり」。午後1時30分から「全天周映画 名探偵コナン~探偵たちの星月夜(スターリーナイト)~」と「はやぶさ2宇宙へ出発!」午後2時40分から「プラネタリウム もっと宇宙へ!~「はやぶさ」「かぐや」たちが教えてくれたこと~」。午後3時50分から「全天周映画 スターオーシャン」と「コズミックジャーニー」が上映されます。ご家族で楽しみながら見られるものから、しっとりと楽しめる作品まで揃えています!

ここでしか見られない、「はやぶさ」帰還カプセルを再び展示!

7月11日から9月27日までの特別展「JAXA×博物館 あれもこれも世界初!日本の太陽系探査」が特別展示室で開催しています!2014年に12月に打ち上げられた小惑星探索機「はやぶさ2」や、金星周回軌道投入に再び挑戦する、金星探索機「あかつき」など、日本が誇る「世界初」を達成した探索機の模型、実物資料を展示解説しています。展示資料には、2010年の7月に相模原市立博物館で初公開された「はやぶさ」の帰還カプセルのヒートシールドやパラシュートなど5点も再び展示します!そして、小惑星「イトカワ」から持ち帰った微粒も同時展示!企画展開催期間中常に展示されています。見逃してしまった方も、もう一度見てみたいという方もぜひ来館してみて下さい!観覧料も無料。近くて遠い宇宙の神秘、世界に誇れる日本の技術を感じてみましょう!

相模原市立博物館へのアクセス

最寄り駅である「淵野辺駅南口」から徒歩で約20分。バス利用の場合は、神奈中バスで、「宇宙科学研究本部(JAXA)」か「市立博物館前」下車。車での場合は、国道16号「共和4丁目」交差点を西へ500mです。博物館付近のJAXA本部には一般入場可能な場所もあり、大型ロケットの原寸大模型や、「はやぶさ」の模型展示を無料で観覧することができます。

スポット詳細

名称:相模原市立博物館
所在地:神奈川県相模原市中央区高根3-1-15
休館日:毎週月曜日、国民の祝日の翌日(月曜日が国民の祝日の場合は、翌平日が休館)
    年末年始(12月28日から1月3日)
開館時間:9:00~17:00
料金:[常設展]入場無料(企画展は有料の場合あり)
   [プラネタリウム]
    おとな500円
    こども(4歳以上中学生以下)200円
公式サイト:http://sagamiharacitymuseum.jp/

ページTOPへ

「相模原」周辺の関連記事

このページのTOPへ