香川でおすすめのお土産&スイーツとは?

  • 1083 |

香川へ旅行に行き、観光やレジャーを楽しむのは当たり前ですが、帰路の最後にお土産を選んで買って帰るのも楽しみの一つです。しかし、お土産といっても何種類もある中で、何を選ぶと喜ばれるかわからないということが悩みの一つです。そこで、今回は各シーンに合わせた香川のおすすめのお土産を紹介します。

名物かまど

名物かまどは、香川県坂出市に拠点をお菓子メーカーの株式会社名物かまどが販売する和菓子です。名物かまどは、その名の通り香川県の名物土産の一つとなっている和菓子で、白インゲンマメと卵黄の餡を生地で包んだ饅頭です。かまどの名前の由来は、天平の時代にうまく塩を取れない村人に、竈を使って塩を作る方法が伝承された歴史から、形・名前を竈に似せたものにしています。独特な形のかまどは、CM放送もしており、多くの地元民に親しまれているので、会社などへのお土産におすすめのお菓子です。

揚げぴっぴ

揚げぴっぴは、香川県の代名詞であるうどんを使ったお菓子で、讃岐うどんを揚げて、シンプルな味付けをしたうどんのスナック菓子です。揚げぴっぴは、地元民の家庭料理としても親しまれており、名前の由来は、香川ではうどんのことを幼少の頃は、ぴっぴと呼ぶことから来ています。讃岐うどんの太い麺を揚げた揚げぴっぴは、塩味が程よく効いてお酒のおつまみとして人気を集めています。お酒好きの人へのお土産にお悩みなら、揚げぴっぴはおすすめの香川土産です。

瓦せんべい

瓦せんべいは、香川県高松市の郷土菓子で、砂糖で味付けされた素焼きの瓦に見立てた煎餅です。瓦せんべいは、戦国時代に瓦に焼き印を押して功績とした故事から作られたと言われており、また、高松の瓦せんべいは、地元の和三盆の産地を活かして高松城や玉藻城の瓦を象って販売されています。会社など複数の人へのお土産にお困りの人に、瓦せんべいはおすすめのお菓子です。

ページTOPへ

「香川」周辺の関連記事

このページのTOPへ