香川に行くなら食べて帰りたい絶品グルメ

  • 1236 |

香川へ旅行に行き、観光やレジャーを楽しむのは当たり前ですが、旅行期間中に何を食べるかも旅をおもしろくする重要な要素です。しかし、その地域でどんな料理が有名か以外にわからないことが多いのも事実です。そこで、今回は各シーンに合わせた香川のおすすめのグルメを紹介します。

べえすけ鍋

べえすけ鍋は、香川県の讃岐地方で食べられる郷土料理で、べえすけとは瀬戸内海で穫れた大きくて太い穴子の呼称です。べえすけ鍋は、普通の穴子と比較して筋肉質な穴子を使っているため歯ごたえがよく、脂がのっているので食べごたえ抜群です。瀬戸内海が面している香川だからこそ食べれる料理を探している方に、べえすけ鍋はおすすめのグルメです。

鍋ホルうどん

鍋ホルうどんは、香川県多度津で食べることができるご当地グルメで、四国鉄道の発祥の地である多度津にあった多度津工場の従業員のために販売された料理です。当時お肉は高価でなかなか口に出来なかったため、安価なホルモンを使った料理を振る舞ったところ人気を集め、地元民の〆料理として親しまれるようになりました。鍋ホルうどんは、しょうゆベースの出汁にニンニクやたまり醤油を使った醤油出汁に、ホルモンと野菜を合わせて煮込んだもので、体の芯から温まる一品です。香川の地元民に愛されてるご当地料理を食べてみたい人には、鍋ホルうどんはおすすめのグルメです。

あんもち雑煮

あんもち雑煮は、香川県高松市を中心に食べられている郷土料理で、里芋・ごぼう・油揚げなどの具材とあんこ餅を白味噌の汁に入れたお雑煮です。和三盆が名産である香川では、和三盆を練り合わせた餡が入ったお雑煮を正月に食べることが何よりもごちそうとされていました。そんなあんもち雑煮を食べることができるのは香川だけです。地元の変わった郷土料理が食べたい人に、あんもち雑煮はおすすめのグルメです。

ページTOPへ

「香川」周辺の関連記事

このページのTOPへ