プラネタリウムで星空も楽しめる!「入間市児童センター」で夏休みを最後まで楽しもう!

  • 483 |

埼玉県にある児童センターは、プラネタリウムや天体観測室の他、身体を動かして遊ぶ部屋や学ぶ部屋などがあり、幼児から児童、大人まで楽しく遊べる空間が備わっています。気軽に入館することができ、学びや遊びを通して、社会の規律や仕組みを自然と学んでいきます。

d.hatena.ne.jp

入間市児童センターの魅力

夏休み中は毎日2回投影!星座誕生の神話や伝説を楽しもう

一般投影では、四季の星座にまつわる神話や季節の星座を紹介しており、分かりやすく楽しく解説しています。一般番組は「未来はぼくらがつくるんだ~22世紀のものがたり」を上映し、ドームシアターでは「恐竜の映画」を上映します。通常の平日は午後3時からで、土日祝日は午前11時と午後3時、午後1時30分からドームシアターが上映されます。長期休みは毎日土日祝日のタイムスケジュールになっています。また、育児中の保護者や大人のためのプラネタリウムも3月8月以外の月に開催され、音楽と共に満点の星を堪能することができます。

イベントは毎月開催!8月30日まで工作イベントあり!

小さなお子様向けのイベントや児童生徒、大人も楽しめるイベントが毎月児童センターで開催されています。8月中は20日以降も金曜、土曜、日曜とイベントで埋まっており、最後まで夏休みが満喫できるようになっています!20日には楽器紹介や音楽クイズで親子一緒に楽しめる「入間向陽高校吹奏楽部演奏会」が開演。22日は廃材を使ってもの作りができる「なにができるかな?じゆう工作」。27日は鉛筆型の大きな迷路で遊べる「えんぴつ迷路で遊ぼう!」28日は、誕生日の歌やお話が聞ける「ミニミニお誕生日会」。29日は運転操作が体験できる「のりものまつり~鉄道模型で遊ぼう~」30日は申し込み必須の「ピカピカLED工作」と自由参加できる「ミニSLに乗ろう」が開催されます!

入間市児童センターへのアクセス

電車の場合は西武池袋線「入間市駅」南口下車、徒歩約15分。市内循環バス「てぃーろーど」では南コースに乗車し「産業文化センター」下車です。「稲荷山公園駅」からは徒歩約20分。「武蔵藤沢駅」からも徒歩で約20分です。武蔵藤沢駅から車の場合は、国道463号線を経由して約10分です。
 

スポット詳細

名称:入間市児童センター アイクス
所在地:埼玉県入間市向陽台1丁目1番地6
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日) 年末年始(12月29日から1月3日)
開館時間:午前9時から午後5時
料金:一般投影・ドームシアター
    おとな 100円
    こども(小中高校生) 50円
     ※入場者が10人に満たない場合は中止、返金されます。
公式サイト:http://www.city.iruma.saitama.jp/jidou_center/

ページTOPへ

「狭山・入間」周辺の関連記事

このページのTOPへ