群馬県・みかぼみらい館では、星空の下、アロマの香りでリラックスできるイベントを開催!

  • 455 |

40万個もの星を映し出す“投影機”の情報源です↓
https://www.docojapan.com/kanto/gunma/planetarium/mikabomirai/

群馬県藤岡市にある「みかぼみらい館」は、藤岡市とその周辺(多野郡)の文化活動の拠点として、設立された複合文化施設です。主に、エントランス、大小ホール、ギャラリー、茶室、およびプラネタリウムから構成されています。館名の由来は、藤岡のこころの山として地域の人々に親しまれている、御荷鉾山(みかぼやま)にちなんでつけられたそうです。 

http://debu-maku.jugem.jp/

みかぼみらい館の魅力

上信越の山々が一望できる小高い丘の上に立つ「みかぼみらい館」は、1995年に開館しました。バルコニー席を含む1,100席の大ホールは、音響性能が重視されておりコンサートをはじめ、演劇、講演会など幅広く利用されています。また小ホールは、寄席、小演劇などに対応できる多目的な空間となっています。おススメは何といっても、ダイナミックな映像とサウンドが楽しめるプラネタリウムです。

癒しの空間プラネタリウム

プラネタリウムには、40万個もの星を映し出す“投影機”が導入されており、スクリーンいっぱいに広がる美しい星々を鑑賞することができます。プラネタリウムの要素に、ドラえもん、しまじろうなど、人気アニメを組み合わせたものが通常番組として投影されますので、小さなお子様連れのファミリーも楽しめる内容となっています。投影前には、そのシーズンにあった星座解説や星にまつわる神話を聞くこともできます。イベントも多数開催されており、スタンプラリーはクリアすればグッズのプレゼントがもらえます。

メンタルエステプラネタリウム・マタニティプラネタリウム

ほのかなアロマの香りに包まれながら、癒しの時間を過ごせる「メンタルエステプラネタリウム」や、マタニティママや育児中のママが参加できる「マタニティプラネタリウム」など新たなプラネタリウムでの過ごし方が提案されています。

みかぼみらい館へのアクセス

みかぼみらい館へのアクセスは、自家用車を利用する場合は、高速道路「藤岡IC」から
藤岡方面(R254方面)へ約3Kmを道なりに直進します。十字路(上大塚の信号:R254)を左折して約1km、3つ目の信号を右に曲がって、坂道を上りきった丘の上が「みかぼみらい館」です。
電車・バスの場合は、JR八高線「群馬藤岡駅」で下車し、路線バス「市内循環バス」に乗り、約10分~35分(経由地で所要時間が違います)で「みかぼみらい館」第3駐車場西側のバス停に到着します。徒歩の場合は、約40分(2.9㎞)、タクシー利用で、約10分です。
JR高崎線の場合は「新町駅」で下車し、路線バス「奥多野線」に乗り、本郷バス停下車、徒歩約15分です。タクシー利用で、約18分(6.7㎞)です。

スポット詳細

名称:みかぼみらい館
所在地:群馬県藤岡市藤岡2728
休館日:毎週火曜日、年末年始
開館時間:9:00~22:00
プラネタリウム観覧料・一般:大人(高校生以上)300円、小中学生200円、小学生未満無料
プラネタリウム観覧料・団体(20名以上):大人(高校生以上)200円、小中学生100円、小学生未満無料
公式サイト:http://www15.wind.ne.jp/~mikabomirai/

 

ページTOPへ

「藤岡」周辺の関連記事

このページのTOPへ