360度パノラマ展望塔にあるプラネタリウム ・大野潮騒はまなす公園は、歴史・美術も学べる!

  • 860 |

 茨城県鹿嶋市にある「大野潮騒はまなす公園」は、360度パノラマの高くそびえる宇宙展望塔がシンボルとなっており郷土資料館、ギャラリーなどが併設されています。展望塔内にはプラネタリウムがあり、展望塔の入館料でプラネタリウムを鑑賞することができます。

http://blog.goo.ne.jp/

大野潮騒はまなす公園の魅力

はまなす公園というだけに、約3,000株の“はまなす”が植えられており、見頃の5月中旬から6月までは、多くの見物客で賑わいます。名物の長さが154メートルもある“ローラーすべり台”は、スリル満点で子ども達に大人気です。自然の沢を利用した渓流散策路もキレイに整備されており、ベンチやあずまやも多く、ピクニックでお出かけするのにもピッタリです。美術館には世界名画(レプリカ)が集められており、郷土資料館には大野地区から出土した考古資料や農具、漁具、生活用具など、鹿嶋の暮らしの今昔がわかる展示があります。

デジタル機種の最新型が導入されたプラネタリウム

数年前に展望塔のプラネタリウムには、従来と比べて解像度が1.5倍ある、単眼式フルカラーデジタル機種の最新型が導入されました。これにより番組の内容が格段と豊かになり、そして大迫力で楽しめるようになりました。上映内容は、小学生から一般向けには「星空解説、太陽系の惑星」、中学生から一般向けには「活動する宇宙」、一般向けには「宇宙望遠鏡」を推奨されていますが、対象はあくまで目安ですので、特に年齢層を問わず楽しめる内容になっています(時間帯により上映内容に違いがあります)。

大野潮騒はまなす公園へのアクセス

大野潮騒はまなす公園は、水戸から鹿島方面に向かって国道51号線沿いの、鹿嶋市角折の小高い丘の上にあります。アクセスは、公共の交通機関の利用が便利です。「長者ケ浜潮騒はまなす公園前駅」からは、徒歩約10分です。ちなみに、こちらの駅は開設当初、正式表記で“日本1長い駅名”だった駅です。現在は熊本の「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」に次ぐ2位となっています。

スポット詳細

名称:大野潮騒はまなす公園
所在地:茨城県鹿嶋市角折2096番地1
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、年末年始
業務時間:9:00~16:30
料金:大人300円、小人(小中学生)200円、幼児(4歳~就学前)100円 
(上記料金でプラネタリウムの他、展望塔施設がご利用になれます)
※30名様以上は団体割引があります(大人250円、小人150円、幼児50円)
※茨城キッズクラブ割引があります(50円引き)
※入館料を減免できる制度があります(障がいをお持ちの方)
公式サイト:http://city.kashima.ibaraki.jp/info/detail.php?no=1064

 

ページTOPへ

「鹿島」周辺の関連記事

このページのTOPへ